• ホーム >
  • メールマガジンバックナンバー

酸化したダージリンティを簡単な処理で復活させる方法

[2013.02.26] Posted By

第55号── 2013年02月26日発行
Japanese teapot

今回のメルマガでは酸化したダージリンティを復活させる方法を説明します。

酸化したダージリンティはホコリのような香り

ダージリンティの場合、意外に市販されているお茶も酸化していることが多く、紅茶の専門家でも酸化臭に気がつかないことがあります。ダージリンティが酸化すると、少しプラスチックのようなほこりっぽい香りがします。緑茶が酸化すると、極端に古葉臭、ヒネ臭がするために直ぐに気がつくものですが、ダージリンティの酸化は紅茶の専門家でも意外に見過ごしがちです。酸化したダージリンティは、フローラル、フルーティな香りが消え、青臭い、干し草のような香りのお茶へと変化します。このように変化したお茶は、新鮮なときのように美味しく飲むことはできません。ご安心ください。酸化した茶葉を復活させる方法があります。

電子レンジで処理する方法

茶葉を復活させる方法ですが、簡単な方法は電子レンジにかけることです。出力600-800kWにて、30-40秒処理をすることで、お茶の酸化臭が揮発し、フルーティな香りを引き出すことが出来ます。ただし、お茶が冷めると結露するため、毎回いれる分だけ、数グラムずつ処理することが重要です。電子レンジで処理したお茶は、酸化臭はある程度除くことができ、フルーティな香りを少し引き出すことはできますが、ボディが無くなり口の中にふわりと広がる揮発性の香りが無くなります。

無酸素熟成による大逆転!

次に、劇的に品質を変える方法を説明します。酸化してしまったダージリンファーストフラッシュを脱酸素剤と共にパックし、無酸素状態でできるだけ温度の高い場所に数年放置します。これだけで、お茶は復活するどころか、オリジナルのお茶よりも強い香りに変化します。私の場合、この実験をマレーシアで行いました。マレーシアの場合、年中温度が高いため、室内でも平均25℃以上の温度が年間を通じてあります。酸化してしまったダージリンティのファーストフラッシュを3年間、無酸素状態にて保管しつつけた結果、自分の予想を遙かに超えてお茶の香りが変化しました!酸化臭は無くなり、代わりに極めて強いフルーツの香りと蜜のような甘い香りが生じました。正直、お茶が新鮮な状態よりも遙かに良い香りと思いました。香りの種類はファーストフラッシュというよりも、鳳凰単叢烏龍のような強力なフルーツの香りです。これは無酸素状態熟成による典型的な変化です。

Japanese teapot

無酸素熟成の保存環境は温度が高い程良い

マレーシアで3年と言うことは、日本では5-6年くらいに相当します。温度の高い環境下で保管するほど、熟成速度が速くなることが分かっているため、年間を通じて温度の高い場所に保管することができれば、数年で熟成を完了することができます。今回の記事で強調したいのは、酸化したお茶でも、無酸素熟成をすることで鮮度の高い香りが取り戻せるという点です。勿論、酸化してない新鮮なお茶も、熟成により強いフルーツの香りがする、オリジナルティを作る事ができます。なお、強いフルーツ香を引き出したい場合、無酸素熟成が重要です。酸素が入った状態で熟成したファーストフラッシュはオータムナルティのような香りへと変化します。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …
普段飲み茶にお勧め!安渓色種を発売
安渓産の「色種」という烏龍茶を発売しました。色種は複数の品種をブレンドすることで、余韻の長さ、香りの広がり等を …

最新の記事 NEW ARTICLES

意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …
1つの急須で沢山の種類のお茶を淹れても良いかどうか?
1つの急須を複数の種類のお茶で共有しても良いかどうかと質問されることが頻繁にあります。特に東南アジア、西洋のお …
普段飲み茶にお勧め!安渓色種を発売
安渓産の「色種」という烏龍茶を発売しました。色種は複数の品種をブレンドすることで、余韻の長さ、香りの広がり等を …
お茶の味を大きく左右する湯沸かしの選び方
お茶をいれる際、急須の材質にはこだわりがちですが、意外に見過ごされているのがやかんの材質です。やかんの材質が不 …
オクミドリ単一品種からなる朝比奈本玉露を発売
静岡県藤枝市岡部町を産地とする朝比奈玉露から、単一品種であるオクミドリのみから作られた本玉露を発売しました。名 …
なぜダージリンティの香りは華やかなのか?
ダージリンティは独特の香りがあり、この香りゆえに多くのファンを有します。このダージリン紅茶特有の香りですが、製 …
渡辺陶三作の無名異焼手作り急須各種発売
渡辺陶三氏作の無名異焼の茶器が沢山入荷しました。今回入荷したのは、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異還元焼成、無名 …
紅茶のような甘い香り白鶯山古樹白茶2017年産を発売
HOJOの白茶の定番の白鶯山古樹白茶 2017年産を発売しました。今年は萎凋を長めに行うことで、ダージリン紅茶 …
台湾を代表する烏龍茶の1つである文山包種茶を発売
文山包種茶を発売しました。文山包種茶は台湾茶を代表するお茶の1つで、茶葉は緩く揉まれ、極めて軽く発酵をすること …

PAGETOP