お酒を飲むときの意外なお茶の活用法

[2015.11.18] Posted By

メールマガジン第67号 : 2015年011月17日発行 お酒を飲むときの意外なお茶の活用法

HOJOパッケージ

大部肌寒い季節となり、お酒を飲む機会もこれから増えるのではないかと思います。そこで、お酒に関するお茶の面白い利用法を紹介したいと思います。

1.一枚の自然栽培茶はお酒の味を軟らかく高い質へと変える

自然栽培のお茶の葉を日本酒、ビール、焼酎、或いはジュースに入れると、味が非常に軟らかくなり、余韻が深くなります。これは茶葉に含まれるミネラルが関係しておりますが、使用する茶葉の質が良ければよい程、お酒の味にも影響を与えます。茶葉は沢山入れる必要はなく、一枚入れるだけで効果は十分です。重要なのは投入する茶葉の種類です。お茶の種類は紅茶、緑茶、烏龍茶、プーアル茶等々、何でも構いませんが、自然栽培で作られ、お茶自体の余韻が強い事が重要です。そんなことで、味が変わるはずがないと思われるかもしれませんが、原理としてはフグなどのひれ酒と同じで、分かる人には驚くほど変わります。

HOJOパッケージ

魯山人は良質の昆布をサッとくぐらせるだけで良いと書き残しております。昆布をさっと通すだけで旨味が出るとありますが、私は、これは旨味ではなく、ミネラルによるコクなんだろうと考えております。「茶葉を一枚入れるだけでよい」というのはこれと全く同じ原理です。残念ながら少数(私の経験的に大体2割くらいの人)ではありますが、味の奥行き・コクが先天的に感じられない人もおります。

2.お酒を飲みながらお茶を飲むと悪酔いが軽減される

私はお茶だけでなく、お酒も非常に好きゆえに、時々深酒してしまうこともあります。お酒を多く飲む際、お酒を飲みながら、お茶を飲むと翌日悪酔いしにくくなることを経験から発見しました。外でお酒を飲んだ場合、家に戻ってから、お茶を沢山飲みます。お酒を飲むとアルコール分解のために体が脱水状態になるため、水分補給の点でもお茶はお勧めです。ただ、もう一つお茶を飲む意味があると考えておりますそれは自然栽培茶に含まれるミネラルが関係します。話は一瞬それますが、良質なワインは同じ量のアルコールを飲んでも安いお酒のように悪酔いしないですよね?良質のワインにはミネラルが豊富に含まれ、ミネラル感=余韻の長いワインと言われております。自然栽培茶についても、ミネラルが豊富に含まれ、非常に長い(深い)余韻が特徴的です。お酒を飲みながら良いお茶をを沢山飲むと、良質のワインを飲んだ翌日のように体が比較的楽に感じられます。

3.二日酔いには自然栽培茶を

お酒を飲み過ぎた翌日、向かい酒をすると、体調が良くなるといわれております。
これは本当だと思われますか?私はサラリーマン時代、連日お酒を飲まなければならないことが多く、2日酔い気味にもかかわらず、連続的に酒のむことが多々ありました。

「驚くべき事に、向かい酒をすると本当に体調が良くなります。」

ただ、医学的な見地からは、連続的な飲酒は肝臓により負担をかけるために、健康に悪いと言われております。向かい酒で気分が良くなるのは、アルコールによって、血行が良くなるためと考えられております。そこで、血行が良くなるお茶を飲めば、肝臓に負担をかけずに同じような効果が期待できます。このテーマについては以前にブログで詳細解説をしておりますので、以下の記事をご覧ください。

http://hojotea.com/jp/posts-996/

HOJOパッケージ

自然栽培茶にはいろんな種類がありますので、お茶の種類を限定する必要はありません。大事なのは、自然栽培で作られたミネラルが豊富な茶葉原料から作られているという点です。特にお勧めするのは、雲南省産のプーアル茶、白茶、紅茶などです。雲南省のお茶が特殊と言うことではないのですが、雲南省には伝統的な自然栽培を今も継続している少数民族がおり、野生と変わらないようなお茶を仕入れることが出来ます。自然栽培茶園については、以下の記事をご参照ください。

http://hojotea.com/jp/posts-970/

新商品 傳統式梨山茶

http://hojotea.com/item/o65.htm

梨山茶と言えば、台湾茶のキングとも呼ばれる銘茶です。特に標高2400m付近で作られたお茶は、花のような華やかな香り、クリーミーな食感と、長い余韻が特徴です。ただ、最近の高山茶の傾向として、発酵が非常に軽く行われており、伝統的な烏龍茶のような重発酵茶との出会いは殆ど有りません。私はお茶を頻繁に飲むため、軽発酵烏龍茶も良いのですが、是非、重発酵の高山茶を飲んでみたいと思っておりました。この事を生産者に伝え続けたところ、今年の春、限定量ではあるものの、重発酵の梨山茶を生産してくれました。重発酵梨山茶は、桃のような、栗のような、濃厚で甘いフルーツの香りがし、甘い香りの余韻が強く感じられるお茶です。非常に高級なお茶ではありますが、非常に高い満足感の得られるお茶でもあります。

HOJOパッケージ

鳳凰単叢烏龍 水仙、杏仁香、金玉蘭が入荷

http://www.hojotea.com/item/houou.htm

暫く品切れ状態になっていた3商品が入荷しました。季節的にも鳳凰単叢烏龍茶が美味しく感じられます。鳳凰単叢烏龍茶はもっとも歴史が長い烏龍茶の1つです。鳳凰単叢烏龍茶は名前からして非常に複雑ゆえ、敬遠して飲んだ事の無い人も多いと思います。おそらくこのお茶ほどに、飲んだときの驚きが大きなお茶は他にないと思います。お茶とは思えないレベルのフルーツの香りと深い余韻があり、HOJOで選んでいるお茶に関しては渋味や苦味はありません。初心者の人には、蜜蘭香や稲花香をお勧めします。

今後の急須の入荷について

http://www.hojotea.com/categ/teaware.htm

12月を目処に渡辺陶三氏作の秋津無名異、舘正規氏作の信楽粗土、村田益規氏作の伊賀天然朱泥急須などが入荷予定となっております。清水謙氏の作品に関しては今後の入荷が未定です。既存のラインアップで良いモデルがあれば、お早めにご検討ください。

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

img_2264
2017年に発売する商品や仕入の課題について
明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 年始めと言うことで、今年の新商品発売計 …
mini-teapot
HOJOオリジナルの土を使った国産手作り茶器入荷
各種茶器(急須)を発売しました。 http://www.hojotea.com/categ/teaware.h …

最新の記事 NEW ARTICLES

k566-1
プーアル茶はカフェインが少ないって本当?
プーアル茶に含まれるカフェインは緑茶などよりも少ないという記述をよく目にしますが、本当にそうなのかどうか、様々 …
img_2264
2017年に発売する商品や仕入の課題について
明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 年始めと言うことで、今年の新商品発売計 …
mini-teapot
HOJOオリジナルの土を使った国産手作り茶器入荷
各種茶器(急須)を発売しました。 http://www.hojotea.com/categ/teaware.h …
img_3396
炙った海苔のようにお茶の香りを改善するお茶のいれかた
お茶に適度な熱を加えると、お茶の鮮度が上がるという現象があります。この「火入れ効果」を生かしたいれ方は多くのお …
r0011423
旨味調味料多用によるお茶の嗜好の変化
偏った食生活は味覚や好みに影響を与えると言われておりますが、調味料の偏りが実際に味覚にどう影響を与えるか私の経 …
Portrait of attractive young asian woman drinking coffee
お茶の善し悪しを簡単に評価する裏技
私の経験上、多くの人がワインやお茶の品質判定に苦労します。反面、果物の善し悪しは多くの人が正確に判断できます。 …
img_3499
中国のマニアも唸る鳳凰単叢烏龍の単株茶
今年は鳳凰単叢烏龍茶の中でも非常に稀少な「単株」というカテゴリーのお茶を3種類仕入れました。単株とはどのような …
img_3561
明の時代の作り方を受け継ぐ鳳凰単叢緑茶
鳳凰山や武夷山には樹齢が400年を超えるお茶の木があります。特に鳳凰山には樹齢900歳とも言われる茶樹も現存し …
img_3796
東方美人2016が全体に不作な理由
今年は台湾全体に東方美人の出来が悪い年でした。台湾にて複数の見本を評価しましたが、最終的に今年は東方美人を仕入 …
img_9867
お茶が苦いのはなぜか?
お茶の苦味を示す物質は何でしょうか?この答えを求めてネットや書籍を調べると、偶にカテキンをはじめとするポリフェ …

PAGETOP