マレーシア10年の私がお薦めする肉骨茶

[2006.05.15] Posted By
日本人であればバクテーが好きなのはほぼ普遍的ではないかと思います。マレーシアに来てバクテーを知らないと言ったら、もぐりではないでしょうか。私はバクテーが大好きで既に数百回食べました。バクテーは日本で言うラーメン屋と存在が似ており、特定の味が病みつきになりやすく、また、酒を飲んだ後に食べる習慣のある人たちもあります。
バクテーは肉骨茶と書きます。簡単に言うと、豚肉及びその臓物類の中華ハーブ煮です。特徴をまとめると、以下の通りです。
1.骨付きの豚肉及び臓物類が入っています。但し、臓物類は希望しないと入れてくれない店もあります。私は腸が大好物で、必ずオーダーします。その他には、シイタケ、あげ、ゆば、マッシュルーム、レタス、エノキ等の具が入っております。
2.煮込むときはそれぞれオリジナルのバクテーの素に豚+骨を加え、更に数個のニンニクを丸のままに込みます。これはバクテーの基本であり、スーパー等で売られている簡易バクテーの素でバクテーを作る際も、必ず丸のままのニンニクを入れるのが基本です。ニンニクは丸ごと(大きな玉のまま)、皮もむかず、ばらしもせず、そのまま煮込みます。これから得られるスープがバクテーの味の基本なのです。
3.バクテーと共に中国茶が出され、また、それらの容器を殺菌するのが作法。
4.クレーポット(焼き物)で煮込まれており、皆でつついて食べます。
5.バクテーを食べる際は、ニンニクのみじん切りと、唐辛子のみじん切りを小皿に取り、それに醤油と大豆の加水分解ソース(HVP)をかけたものに付けて食べます。(話がそれますが、アジアの醤油は概して塩辛く、あっさりしております。これは醤油製造時の発酵度合いが日本の醤油と比べて浅いため、大豆タンパクが十分に分解されておらず、醤油中のアミノ酸含有量が低いためです。アミノ酸が多くなると、塩慣れ効果と言って、塩辛さを軽減する効果があります。実際に醤油には多くのアミノ酸が含まれているにもかかわらず、強烈な塩辛さを感じないのです。仮に醤油と同じ濃度の食塩水を作った場合、猛烈に塩辛く感じます。)
20060515174848.jpg20060515174836.jpg
6.チャークエと呼ばれる、中華風のパンを油で揚げた物体が出されます。これはそのまま食べてもよし、或いはバクテーに漬けて柔らかくして食べるのもよしです。
7.大体一人分がRM10-13、3-4人で食べた場合、RM20-30が相場です。
因みに、バクテーは典型的な福建料理です。マレーシアを初め福建系の華僑が住んでいるところには必ずバクテーがあります。マレーシアではペナンとKLのクラン(KL最大の港町)に多数の福建系住民が住んでおり、それ故、クランバクテー、ペナンバクテーは非常に有名です。但し、クランのバクテーとペナンバクテーは別の料理かと思うくらい異なります。更に、シンガポールバクテーも同様に全く異なります。従ってアジアには大別すると約3種類のバクテーが存在しているのです。
①ペナンバクテー
基本的は濃い茶色又は黒のスープです。ハーブ系の香りが弱く、全ての具を一つの容器で出してくれます。ご飯は白いご飯と芋ご飯(ヤムライス)が選択できます。(再び話がそれますが、ヤムライスとは米が貴重だった頃、米の代用品としてヤムイモをご飯に混ぜたのが始まりだそうです。ところが、最近ではヤムイモの方が貴重になってしまい、ヤムイモの割合はどんどん減少の一途をたどっております。)
20060515174903.jpg20060515174925.jpg
20060515174944.jpg
②クランバクテー
マレーシアでは超有名です。スープはハーブ系の香り(特にセロリ系)が強く、液体の水色はペナンバクテーよりも薄い茶色をしております。臓物等は別皿で出されるのが一般的です。一般的に味が付いたご飯が出ます。但し、色は白色をしており一見味が付いていることが分かりません。
20060515175006.jpg20060515175017.jpg
写真右の左下にあるのがチャークエ、右上にあるのはお茶セット。
③シンガポールバクテー
クリアースープが一般的です。朝鮮人参系の香りがする場合もあります。ペナンでもガーニードライブ沿いにある、Song Riverというホッカーセンターでは昼間にシンガポールバクテーを販売しており、味が大変良いため何時も大にぎわいです。私のお気に入りの店の一つです。
因みに、味がよいバクテーショップは店の極秘スープを他店にも販売することで、フランチャイズ経営をしております。ペナン内だけでも、有名なバクテー店の看板を掲げるフランチャイズショップが多く見られます。


以前、クリアースープ肉骨茶の美味しい店として、ガーニードライブ沿いにあるソングリバーというホッカーセンターを紹介いたしました。この店で肉骨茶を食べるためには、昼間に行く必要があります。
夜この場所に行くと、全く同じ場所で全く同じ雰囲気で肉骨茶が売られておりますが、種類が全く異なります。夜バージョンは、臭いも味も最低で、食べたことを非常に後悔させられる品質です。夜バージョンは絶対に試さないでください。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …

最新の記事 NEW ARTICLES

老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …

PAGETOP