img_3472

今年は鳳凰単叢烏龍茶の中でも非常に稀少な「単株」というカテゴリーのお茶を3種類仕入れました。単株とはどのような位置づけのお茶なのか説明したいと思います。

鳳凰烏龍茶の産地における単叢の意味

鳳凰単叢烏龍茶の単叢とは本来「一本の木から収穫されたお茶」という意味です。ただし、近年、生産地において、単叢は「一本の木」という意味では用いられておりません。

img_6332

台湾や日本で一般的な茶園方式:市場に流通している鳳凰烏龍の9割以上はこのような茶園産

現在における単叢の定義は、まず第一にお茶の木が日本や台湾のような茶園方式ではなく一本一本独立した喬木方式で作られていること。次に同じ品種で且つ、同じ場所に生育している同じ樹齢の木をグルーピングして1つの単叢とするのが一般的です。一般的に茶園産ではなく、単叢の場合1バッチが10キロ以下、多くは5kg以下です。

老叢とは

単叢の中でも老叢と呼ばれるカテゴリーがあります。鳳凰烏崠老欉宋種単叢のような書き方をします。単叢に対して、老欉の場合、叢の字に「きへん」が付きます。老叢は単叢であることが前提であり、非常に樹齢が古い木から作られたお茶を意味します。ただ、非常に古い木という点がやや曖昧であり、実際に何歳以上のお茶の木を老叢と呼ぶかという点については明確な定義がありません。老叢の定義は人それぞれであり、100歳以上を老叢と呼ぶ場合もあります。老叢の場合、特定の木のみから作られている場合、また、上記で説明した単叢のように、類似の性質の木をグルーピングして老叢とすることもあり、老欉の取り扱いについては生産者によって異なります。

img_3258

烏崠山の烏崠村周辺における喬木方式の茶園:この中でも老木は老叢として、巨木になると単株茶として販売されます。

img_3219

img_8102

マニアが求める単株

そして最もマニアをしびれさせるのが「単株」というカテゴリーです。単株とは「一本の特定の木のみ」から収穫されたお茶を指す言葉で、近年では鳳凰単叢烏龍だけでなく、プーアル茶でも良く聞く言葉です。HOJOでも今年から単株プーアル茶を仕入、試験的にマレーシアの店舗で販売しております。単株の場合、「特定の一本のお茶の木」と言う意味ゆえに、極端な話、烏崠山に何千本とあるお茶の木の一本を適当に選び、その木のみから収穫すれば、単株と呼べます。ただし、樹齢の古い老欉を単株として販売するのが一般的です。鳳凰単叢烏龍茶の場合、標高も品質に影響を与えるため、烏崠山でも特に標高がエリアの老欉は非常に稀少です。プーアル茶と異なり生産地が限定される鳳凰単叢烏龍茶の単株茶の場合、その木がどのエリアのどの木から収穫されたかを明確にして販売するのが有るべき形です。もともと単株茶として販売されるようなお茶は地元でも有名な木から収穫されているのが一般的だからです。ただし、鳳凰鎮の人誰もが知っているような有名な木から収穫されるお茶は非常に稀少であり、値段の問題だけでなく、事前予約をしないと入手が出来ないのが実情です。

img_3497

文氏が所有する文種と呼ばれる大木

img_3499

単株茶を3種類購入

私は今年3種類の「単株」を仕入れました。何れも非常に有名なお茶の木から収穫されたお茶ですが、その中でも特に有名なのが「文種」と呼ばれる文氏が所有する大木のお茶です。このお茶の木は、鳳凰単叢の書籍にも頻繁に掲載されるほど有名な木であり、鳳凰単叢を代表する木でもあります。今年仕入れた鳳凰単叢烏龍茶は既に入荷しておりますが、日本で再度、低温での火入れをすることで鮮度を回復し、その後ある程度の期間熟成を経たうえで発売する予定です。

img_5900

img_5901

右上の写真は私が今回仕入をした文種の木

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP