• ホーム >
  • お茶の品質を決める各種要素


プーアル生茶や紅茶を空きっ腹で飲むとお腹が苦しく・痛くなると感じている人が相当数おられるのではないでしょうか。実は私もその昔、紅茶やプーアル生茶を飲んではお腹が苦しくなり、幾度となく辛い経験をしたことがあります。しかしながら、正しいお茶を選びさえすれば、空きっ腹で、大量の紅茶やプーアル生茶をストレートで飲んでも決してお腹が痛くなることはありません。

渋味や胃の不快感の原因は原料にあり

お茶を飲んでお腹が痛くなる原因ですが、これは夏場になると現れる特定の成分が関係しており、紅茶・プーアル生茶等、お茶の種類は関係有りません。つまり、原因は、使用されている原料にあります。特定の原料から作られたお茶は、紅茶・プーアル生茶に関係無く、強い渋味を呈し、同時にお腹を痛くします。

1番茶は何に加工しようと渋味が無く、胃に対しても全く不快感を与えません。2-3番茶は多少渋味がありますが、それなりに美味しく飲めます。ただ、それ以降に収穫されたお茶になると、渋味が増し、ストレートでは飲みにくいお茶になります。夏場に摘まれるダージリンセカンドフラッシュが非常に渋いのも同様の理由からです。これは例えるなら山菜と同じです。タラの芽、ウドやフキは春は美味しいですが、夏に同じものを食べたら、えぐみ、渋味、苦味が強くとても食べられたものではありません。紅茶やプーアル生茶は1番茶だけのみならず、春の終わり〜夏にかけて摘まれたお茶が原料として使われます。

中国の場合、1番茶と2番茶では値段が倍異なります。更に、3-4番茶となると、更に値段が安くなります。春の1番茶は非常に限られており、値段も高く入手も困難です。季節が進むにつれて、気候が暖かくなり、お茶の成長が早く大きくなるため、一本の木あたりの収穫量も増えます。プーアル生茶や紅茶の場合、有名産地に関しては年間に10回くらい収穫が行われます。つまり、現実的に世の中に流通しているお茶の9割以上はは、春の2番茶〜秋摘み茶で構成されております。つまり、紅茶やプーアル生茶が渋いと感じる理由は、普通に手に入るお茶の殆どが夏場に摘まれたお茶だからです。1番茶から作られた紅茶やプーアル茶は、品質の善し悪しはあっても、全く渋味を呈すことはなく、また、胃にも優しいと断言できます。

渋味の原因

夏場に摘まれたお茶を飲むと胃が痛くなるということは、「夏場にのみ含有量が増す成分」が犯人と仮定することが出来ます。
夏に特徴的に増加するお茶の成分を調べました。山西貞著、裳華房出版「お茶の科学」P22によると、夏に向かうにしたがってエピガロカテキンガレート(EGCg)の含有量が急激に上昇することが記されております。

B Schwarz, T Hofmann – European Food Research and Technology, October 2008, 227(英語論文)によるとエピガロカテキンガレートというポリフェノールの一種は突出して強くタンパク質と結合する性質を有しており、それが渋味や胃の不快感の原因として考察されております。
また、Susanne Scharbert , Nadine Holzmann , and Thomas Hofmann, J. Agric. Food Chem., 2004, 52 (11), pp 3498–3508(英語論文)ではセンサリーテストによって渋味の原因となる物質の同定を行っております。以下の表の数字が小さいほど、少量でも味に対する影響が大きいことを意味しております。渋味(astringency)に関しては、エピガロカテキンガレート(上から6番目)が最も低い数字を示しており、この事からエピガロカテキンガレートが渋味の原因と考察することが出来ます。

渋味や胃の不快感を示すメカニズム

人の口腔内や胃の内面はタンパク質で作られております。エピガロカテキンガレートが多く含まれるお茶を飲むと、口腔内や胃のタンパク質と結合します。その結果、口では不快な渋味、同時に胃が収斂するような苦しい症状が現れるのです。
ミルクをいれると、胃に多少優しくなるのは、エピガロカテキンガレートが乳タンパクと結合することで胃や口腔と反応しなくなるためです。

結論として、紅茶やプーアル生茶が渋いのはその製法とは全く関係無く、使われている原料に起因します。春の1番茶で作られたお茶を探すことで、渋味や胃痛などの不快な経験から卒業することが出来ます。HOJOの紅茶やプーアル茶のラインアップのうち「オータムティ」「2nd フラッシュ]の記載がない物は全て春の1番茶から作られております。これらのお茶は空きっ腹でもぜんぜん平気な上、どのような淹れ方をしても、渋くなったり胃が深いに感じられることはありません。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

佐渡島の渡辺陶三作無名異焼急須が3種類入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の茶器が入荷しました。 今回入荷した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元焼成、無 …
マレーシアで11年無酸素熟成したビンテージ茶を4種限定発売
マレーシアにて11年間無酸素で保存することで理想的な状態に熟成したビンテージ茶を発売しまました。これらのお茶は …

最新の記事 NEW ARTICLES

急須のサイズと湯の温度の関係
急須のサイズは色々有りますが、大きさによって冷える速度が違うことをご存じでしょうか? 急須の体積が小さくなるに …
佐渡島の渡辺陶三作無名異焼急須が3種類入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の茶器が入荷しました。 今回入荷した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元焼成、無 …
マレーシアで11年無酸素熟成したビンテージ茶を4種限定発売
マレーシアにて11年間無酸素で保存することで理想的な状態に熟成したビンテージ茶を発売しまました。これらのお茶は …
お茶の味に影響する日々の水質変化
毎日同じお茶、或いは同じ味噌汁を飲み続けていると、日によって味が違うと思うことはありませんか?実はこれには「水 …
雲南省の隣ミャンマー果敢産のプーアル熟茶を発売
雲南省の南西部鎮康県に隣接するミャンマーの果敢という地域で作られたプーアル熟茶を発売しました。後味が極めて濃く …
雲南省自然栽培茶の白茶、栗香白牡丹2017を発売
雲南省の標高2000-2200mの無農薬無肥料の自然栽培茶園産の茶園で収穫された茶葉を原料に用い、福建省の白茶 …
中国茶器市場に突如現れた日本風の茶器
過去数年間、各種メデイアで中国人観光客の爆買いが盛んに報道されておりましたが、時同じくして日本の茶器、特に鉄瓶 …
2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …
伊賀天然朱泥と佐渡の無名異上赤急須が入荷!
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の急須と、佐渡島の渡辺陶三氏作の無名異上赤急須が入荷しました。 村田益規作の伊賀天然 …

PAGETOP