• ホーム >
  • お茶の品質を決める各種要素

今年はお茶の収穫が始まる前の3月21日から1ヶ月間雲南省に滞在し、現地にてお茶の生産と仕入を行ってきました。1番茶のシーズンがほぼ終わろうとしておりますので、2017年の雲南省南西部の臨滄、保山、景谷、昌寧、大理における新茶シーズンの気候、収穫量、品質、値段に関する総括をしてみたいと思います。

  1. 3月前半〜3月31日 : 晴れと曇り
  2. 4月1日〜4月7日 : 雨
  3. 4月8日〜4月14日:晴れ
  4. 4月14日〜 :雨また雨……..

今年の明前茶の時期は高品質のお茶は市場に出ず

以前の記事でも説明しましたが、今年は雲南省及び中国各地において雨が非常に少なく、乾燥が続いていたことから、例年と比べお茶の成長が2週間遅れておりました。通常であれば、3月25日頃にはお茶が作られ始めるのですが、今年は4月に入っても標高の低い地域、樹齢の若いお茶、肥料栽培のお茶などが摘まれた程度で、品質の高い自然栽培、高山、老木のお茶は全く成長する兆しが見られませんでした。その結果、清明節の前に収穫された明前茶(3月20日〜3月31日頃)については、肥料栽培、低い標高、若いお茶の木のお茶のみであり、品質的に魅力ある内容ではありませんでした。私は、無肥料、老木、高山の3つの条件を揃えたお茶を狙っていたため、今年生産されたカメリアシナンシス(野生茶を除く)については明前茶は一切仕入れておりません。

4月上旬の時点で肥料栽培の若いお茶は摘み頃を向かえておりました。

4月の上旬は雨天

4月に入ってからは、4月1日より小雨の日々が1週間続きました。温度も下がり、日中でもフリースを着てないと寒くていられず、私はホテルの部屋ではヒーターを付けておりました。これまで極端な乾燥が続いていたことから、この時期の雨はむしろ恵みの雨であり、天気がよくなり温度が上がれば、素晴らしい品質のお茶が出来ると推察しておりました。雨は4月6日頃(4月7日は曇り)まで1週間続いた後、打って変わったように晴天の日々が訪れました。待ちに待っていたお茶農家では晴天になった瞬間にお茶摘みを開始しましたが、品質に対して非常に厳しい生産者は晴天になっても2日間はお茶の回収を行いません。雨天直後のお茶は水分を含み、また、味が薄いためです。したがって、本当に良いお茶が摘まれ始めたのは4月9日頃からです。私の場合、お茶の仕入はその殆どが特注であるため、雨の後2日間はお茶摘みをしないように徹底しております。

例年の3-5割の収穫量

ようやくお茶が摘めるとあって、農家も生産者も出力全開で収穫・生産を開始しました。ところが、その先に悪夢が待っておりました。なんと、快晴が続いたのは1週間のみでした。14日から雨模様へと変わり、その後はずっと雨天へと急変しました。4月23-25日は地域によっては晴れ間が覗く物の、その後も4月いっぱいは雨天の予報となっており、農家も生産者も余りの生産量の少なさにパニックの状態となっております。
蓋を開けてみれば、四双版納も臨滄も生産量は例年の5割かそれ以下となりました。特に臨滄を初めとする雲南省の南西部は緯度と標高が高く、収穫時期がより後にずれ込んだことから、今年の生産量は例年の3-4割くらいではないかと感じております。非常に生産量が少ないことから、原料の生茶葉の値段は高騰し、平均で2-3割、場所によっては5割程度の値上がり傾向が見られました。ただ、原料茶葉が5割上がったとしても、仕入れ価格も5割上がるわけではないため、私の商品に関しては一部値段が上がりに留まり、残りは例年と同じ値段で仕入れることが出来ました。

過去10年で最高の品質

今年は乾燥のせいで収穫時期が異常に遅く、お茶が例年よりも遙かに長い時間をかけて成長したため、4月の晴れた1週間に作られたお茶に関しては、突出して良い品質となっており、多くの生産者が過去10年で最高の品質と断言しております。私自身、今年のお茶の品質の高さに正直衝撃を受けました。このため、仕入れ価格が例年並みの商品に関しては熟成分も考慮し、例年の倍〜3倍の量のお茶を仕入れました。但し、高い品質のお茶は4月9日から1週間の間に作られたお茶のみで、それ以降のお茶は雨により原料の質も加工の質にも問題あります。

4月後半の天気が予想以上に悪かった為に、4月の中旬に作られた非常に品質の高いお茶お茶が非常に稀少になっております。天気がよかった1週間に作られたお茶は、早い者勝ちで無くなり、その殆どが昆明や広州の市場に出回る前に現地にて完売となっております。この為、昆明の市場などに流通しているお茶の多くは天気が優れない時期に作られたお茶が多く、今年のお茶は品質が良くないという印象を持つお茶関係者も多いことと思います。逆に、4月の中旬に収穫されたお茶は惚れ惚れするほど品質が良く、2017年は各社の仕入れ能力によって仕入れられるお茶の明暗がはっきりと分かれた年になったと思います。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP