中国緑茶 太平猴魁の新茶2種類入荷

[2017.06.10] Posted By

太平猴魁が入荷しました。今年は非常に質が良かったため、通常のグレードに加え、特貢グレードも入手しました。

蘭の花を連想するようなフローラルな香り

太平猴魁は安徽省を代表する緑茶です。茶葉は全長が長く扁平な形状をしており、一見するとまるで押し花のようです。この外観ゆえに太平猴魁は特別に大きなお茶の葉を加工していると思われがちです。しかし実際に太平猴魁に用いられる茶葉は、他のお茶と大きな違いはありません。太平猴魁の独特の外観は、茶葉が比較的大きく成長してから摘まれ、特殊な揉捻方法が用いられるゆえです。揉捻は他のお茶のような回転運動で揉むのではなく、押し花のように茶葉を並べた上からローラーで加圧します。この方法ゆえに、茶葉が丸まらず、そのままの形状が維持され太平猴魁独特の形状に仕上げられます。

中国の緑茶を全体に見回すと、小さく、若い内に摘まれた茶葉から作られる銘柄が多いですが、私は個人的にあある程度成長した茶葉から作られたお茶が好きです。茶葉が若すぎると、旨味はある物の、花の香りや余韻が少なく、飲みごたえの少ないお茶になります。その点、私にとって、太平猴魁の茶摘み規準は理想的です。茶葉がある程度成長することで、スッキリとした味わいと、蘭の花のようなフローラルな香りをともなうまるで清香タイプの烏龍茶を連想するような飲みごたえのあるお茶になります。特徴的な形状をしていることから一見「特殊性」、「珍しさ」が売りのお茶のように思われがちですが、香り味共に非常に素晴らしく、私にとって、一日中飲んでいても飽きないお茶です。特に日本茶や台湾の高山茶を好まれるお方に強くお勧めします。

2種類のグレードを発売

今回2種類のグレードを発売します。通常のグレードに加え、特貢グレードを仕入れました。特貢グレードはより標高の高い茶園で作られており、一般のグレードよりも味がやわらかく、余韻が長いのが特徴です。私が実際に飲んだ感想としては、「正直、普通のグレードでも十分に楽しめると思います。」ただ、極上の味わいをストイックに追求されるお客様には、特貢グレードがお勧めです。

 

高温でいれると美味しい

太平猴魁は窒素肥料を与えた旨味重視のお茶ではなくポリフェノールによるスッキリした味と香りを楽しむお茶です。したがって、お茶の香りを十分に引き出すために、沸騰水にて短時間で淹れるのがお勧めです。また、茶葉が非常に美しいため、グラスに茶葉を入れ、熱湯で入れる方法は中国の産地では人気の飲み方です。ガラスは耐熱ガラスでなくとも熱湯に耐えられます。色のついたガラスやクリスタルは味に影響をするため、無色透明のガラスを用いてください。

太平猴魁は水出ししも美味しい

太平猴魁は水出しにしても美味しいお茶です。私は1リットルに対して5gの茶葉を用います。生水を用いるのではなく湯冷ましを使うことでさらに香りが出ます。沸騰することで、水に含まれる重炭酸カルシウムが炭酸カルシウムに変化するためです。香りが非常にスッキリとしており、それでいて、心地よい余韻があるため、水出しにして、冷蔵庫に入れておくと、夏場には重宝します。

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …
伊賀天然朱泥と佐渡の無名異上赤急須が入荷!
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の急須と、佐渡島の渡辺陶三氏作の無名異上赤急須が入荷しました。 村田益規作の伊賀天然 …
森の中の茶園と日当たりの良い茶園はどちらが理想?
お茶の品質に影響する重要な要素の1つに「日当たり」があります。一般的に日本や台湾では日当たりの良い茶園が好まれ …
中国現地でも入手が困難な高山紫紅茶を発売
高山紫紅茶を発売しました。このお茶は紫茶という野生種系のお茶から作られた非常に珍しい紅茶です。 雲南省でも珍し …
馬鞍山古樹熟茶2016を発売
馬鞍山古樹熟茶を発売しました。このお茶は2016年産の生茶を原料に発酵された毛茶(粗茶)を2017年に仕入れ、 …
プロでも分かり難い鉄観音の値段の謎
お茶のプロでも分かり難い安渓鉄観音の値段を決める要素について、私の仕入経験に基づき説明したいと思います。 鉄観 …
ミルクティーにもお勧め!雲南古樹紅茶入荷
暫く商品が切れておりました雲南古樹紅茶が入荷しました。農薬はもちろん、肥料も一切使用せずに作られた自然栽培茶で …
水出し茶やミルクティに相性抜群!黒鉄観音発売
安渓産の黒鉄観音を発売しました。 鉄観音を特殊な方法で炭焙して作り上げたお茶 このお茶は安渓の鉄観音種から作ら …
日本の農薬基準を満たす安渓鉄観音の仕入
中国の安渓を訪問しお茶の仕入を行いました。今回は鉄観音の仕上げ方法の打ち合わせと茶園、工場の訪問が主な目的でし …

PAGETOP