摘みたてのお茶の香り!月ヶ瀬浅揉み煎茶2017年産を発売

[2017.06.27] Posted By

自然栽培茶を原料に特注で作り上げた月ヶ瀬浅揉み煎茶2017年産を発売しました。浅揉み煎茶はお茶を軽く揉むことで、何煎もいれられます。また、特殊な加工方法とも相まって花のような新鮮な香りがするお茶です。昨年の経験を元に加工法に改良を加え、より香りの強いお茶に仕上げました。

針のような形状に固執せず軽く揉むことで何煎もいれられる日本茶を開発

日本茶は何時の時代からか針のような形状が「当たり前」になりつつあります。ただ、針のような形状にするために、茶葉は重点的に揉まれるため、お茶をいれたときに煎が重ねられません。1煎目は非常に濃く出る物の、2煎目以降は急速に薄くなってしまうのが日本茶の特徴です。これは揉みが強いために細胞に微細な傷が沢山付いており、お茶の成分が急速に抽出されてしまうことが原因です。つまり、蒸したお茶を出来るだけ揉まずに乾燥すれば、煎が重ねられるお茶が出来ると仮定できます。

浅く揉むことで熱に晒される時間を減らし摘みたての茶葉の香りを温存

茶葉を針のような形状に作り上げるためには数段階の揉み工程(粗揉→中揉→揉捻→精揉)を経て、茶葉が成形されます。実はこの工程は思っている以上に熱が加わっており、意外にもお茶の香りは変化しております。各工程からサンプルを抜き取り香りの変化を確認した結果、煎茶を飲んだときに感じられる炊きたてのご飯のような香りは、蒸し時間の長さと揉捻工程中の熱が形成に深く関与していることが分かりました。そこで、お茶の蒸し時間を可能な限り短縮し、揉みを浅くすることで熱を控え、生の茶葉の香りを温存した状態でお茶を仕上げる事にしました。ただし、新鮮な茶葉の香りも原料によっては善し悪しです。窒素肥料を与えずに栽培された生の茶葉からは、フローラルな香りが強く感じられます。逆に、肥料を多量に与えて作った慣行栽培のお茶の場合、フローラルと言うよりも「青臭さ」が強く感じられ、むしろ、少し熱がかかることで炊きたてのご飯のような香りになった方が好まれます。私は窒素肥料をを全く使用しない自然栽培茶を原料に選んでいるため、生の茶葉の花のような香りをより引き立てたいと思っております。更に、蒸し時間も最短にすることで、まるで摘みたての葉のような爽やかでフローラルな香りを実現しました。

茶葉が細かくないためグラスで飲む方法もお勧めです。2gを200ml位が目安

よりフローラルな香りを引き出すために森の中で萎凋

月ヶ瀬浅揉み煎茶を作る際、花の香りをより高める為、12時間程度の萎凋を行いました。お茶をトレイに乗せ風通しのよい森の中に1日おくことで、花の香りを高めました。ただし、萎凋のしすぎで、烏龍茶や白茶のようにならないよう、あくまで、煎茶の個性を高めるための緩和な条件にて萎凋を行いました。

萎凋の準備をしている様子です。

高温でいれることが大事

月ヶ瀬浅揉み煎茶は無肥料のお茶を原料としているため、一般的な日本茶のように旨味がありません。また、香りも強く余韻の長いお茶です。このお茶は苦味が少ない為、低い温度でいれる必要がありません。むしろ、沸騰水にて短時間でいれた方がお茶の香りをより引き出すことができます。1煎目は沸騰水で10-20秒くらい、2煎目以降は数秒内に出す方法をお勧めいたします。このお茶は水出しにもとても合うお茶です。これからの季節、5gの茶葉を1Lの水に入れ、冷蔵庫に数時間おけば簡単に水出し煎茶が作れます。薄めがお好みの場合は、少し水で薄めてください。湯冷まし(一回沸騰した水)を用いるとより香りが出ます。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

最新の記事 NEW ARTICLES

高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …
1つの急須で沢山の種類のお茶を淹れても良いかどうか?
1つの急須を複数の種類のお茶で共有しても良いかどうかと質問されることが頻繁にあります。特に東南アジア、西洋のお …

PAGETOP