雲南省の隣ミャンマー果敢産のプーアル熟茶を発売

[2017.10.30] Posted By

雲南省の南西部鎮康県に隣接するミャンマーの果敢という地域で作られたプーアル熟茶を発売しました。後味が極めて濃く飲みごたえのあり、稀少性、質共に非常にお勧めのお茶です。現時点でもとても美味しいお茶ですが、数年熟成することで更に甘い香りが形成され、またよりフルーティで個性的な香りへと変化します。このお茶に関する詳しい情報は以下のコラムをご覧ください。
http://hojotea.com/jp/posts-1052/

雲南省と国境を接するミャンマー産の茶葉を使ったプーアル熟茶

ミャンマーの果敢自治区は中国との国境を巡り歴史的に紛争が絶えない地域です。この地域には中国系少数民族のミャンマー人が多く住んでおり、町には中国語があふれかえり、人々の多くはミャンマー人でありながらも中国語が話せます。果敢自治区では経済面でも雲南省との貿易に強く依存しており、中でもプーアル茶は主産業の1つです。ここ数年、果敢自治区では激しい内戦が行われており、迫撃砲やロケット弾、戦闘機が飛び交う状態でしたが、2016年より一時的に停戦状態となっております。私は内戦が始まる直前の2013年に果敢に行き、茶園の視察や、生産管理の状態を見て回りました。
現在、果敢自治区はあまりに危険すぎるため、中国人の入国は制限されております。今回仕入れたお茶は、果敢のミャンマー人が陸路で中国との国境を越え、雲南省まで原料となるプーアル生茶を輸送し、それを雲南省の茶師が熟茶へと加工しました。彼らミャンマー人の多くはかつて平和だった時代に、雲南省出身の茶師からプーアル生茶の製茶技術を受け継いだ人々で、現在作られている果敢産のプーアル熟茶は、ミャンマー人の弟子が生茶を加工し、それを受け取った雲南省の茶師が熟茶に加工するという役割分担によって成り立っております。

雲南省の国境から数時間程入ったミャンマーの山村:内戦が始まる前の2013年に産地を訪問しました。

自然栽培のお茶が原料

果敢産のプーアル熟茶は雲南省でも徐々に名声が高まっており、ここ数年需要が増え、それに伴い毛茶の値段が上昇しております。果敢のお茶は、肥料が殆ど入ってないことから、後味が濃く非常に質が高いのですが、それでも村の周辺の茶園には家畜の糞尿が肥料として与えられることが多く、同じ果敢産でも、原料の質の違いには差があります。したがって、果敢産ならどれも良いというわけではなく、原料の産地となる茶園の状態と、実際の茶葉の質を厳しく見極める必要があります。良いお茶は飲んだときにとても軟らかく、香りと味に透明感があり、余韻が長く感じられます。未だお茶が新しいために、非常に上品でソフトな飲み心地がしますが、今後熟成することで香りも甘味も増し、非常に飲みごたえのあるお茶へと変化します。

果敢古樹熟茶は甘い香り

熟茶は「古い家具」、「腐った木」、「カビ」のような臭いがするから嫌いという人がおります。嫌と思う臭いというのは体が拒絶しているわけで一種の防御反応です。熟茶の場合、非常に長期の発酵作業を伴いますが、この間に大事なのは「水分管理」と「攪拌作業」になります。水分を与えすぎたり、攪拌を怠ると堆積した茶葉内の酸素が減り、それに伴い嫌気性菌が増殖します。前述したカビのような臭いは、酸素不足で増殖した嫌気性菌の増殖によって形成されます。適切な水分量と必要に応じた攪拌によって作られたお茶は放線菌(好気性菌)による発酵が進み、乾燥フルーツのような甘い香りが形成されます。私は熟茶を選ぶ際、ベースとなる茶葉の品質は勿論ですが、放線菌による発酵が適切に行われているかどうかを重要な選択基準としております。果敢古樹熟茶も発酵工程が適切に制御されているため、乾燥フルーツ(棗)のような非常に甘い香りと仄かな木質の香りがするお茶です。未開封のまま、数年置くことで熟成が進み、乾燥フルーツのような甘い香りは更に増幅され、味に透明感が増します。

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

台湾を代表する烏龍茶の1つである文山包種茶を発売
文山包種茶を発売しました。文山包種茶は台湾茶を代表するお茶の1つで、茶葉は緩く揉まれ、極めて軽く発酵をすること …
耿馬古樹生茶2017年産を発売
耿馬古樹生茶2017(中国語読みGeng Ma)を発売しました。 http://www.hojotea.com …

最新の記事 NEW ARTICLES

台湾を代表する烏龍茶の1つである文山包種茶を発売
文山包種茶を発売しました。文山包種茶は台湾茶を代表するお茶の1つで、茶葉は緩く揉まれ、極めて軽く発酵をすること …
中国紅茶によくある工夫紅茶とはどのような紅茶を意味する?
中国茶関連の書籍には工夫茶(中国語では功夫茶)という名称が良く用いられております。ただ、工夫茶の意味に関しては …
耿馬古樹生茶2017年産を発売
耿馬古樹生茶2017(中国語読みGeng Ma)を発売しました。 http://www.hojotea.com …
インプラントや銀歯で変化するお茶や食品の味
銀歯やインプラントを初めとする、歯の治療や義歯に用いられる様々な金属ですが、実は味に多大な影響を与えます。一般 …
初めての人にお勧めHOJOのプーアル茶の選び方
私は毎年雲南省に一ヶ月滞在しては、原料の選定からプーアル茶の生産に携わっております。ただ、一ヶ月もいると、様々 …
前川淳蔵作の伊賀天然朱泥急須が入荷
前川淳蔵氏作の伊賀天然朱泥の宝瓶を発売しました。 稀少な天然土を使用 伊賀天然朱泥はお茶の味を良くすると言う観 …
緑の濃いお茶は品質が良い!は先入観
お茶や野菜に関して、緑色が濃い方が健康に良いというイメージがあります。 しかしながら、緑=高品質というのは先入 …
前川淳蔵作の古琵琶湖土平型宝瓶・絞り出し・極平急須を発売
前川淳蔵作、古琵琶湖土の宝瓶、絞り出しと極平急須を発売しました。 http://www.hojotea.com …
急須のサイズと湯の温度の関係
急須のサイズは色々有りますが、大きさによって冷える速度が違うことをご存じでしょうか? 急須の体積が小さくなるに …
佐渡島の渡辺陶三作無名異焼急須が3種類入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の茶器が入荷しました。 今回入荷した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元焼成、無 …

PAGETOP