• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

インプラントや銀歯で変化するお茶や食品の味

[2018.01.05] Posted By

銀歯やインプラントを初めとする、歯の治療や義歯に用いられる様々な金属ですが、実は味に多大な影響を与えます。一般的な「銀歯」による味への影響とインプラントに用いられる「チタン」の味への影響について説明したいと思います。

銀歯の味への影響

銀歯がどのように味に影響するかという点については以前に詳しく検証しました。銀歯による味の変化について詳しく説明しておりますので、興味のある方は是非以下のコラムをご参照ください。

銀歯で変化するお茶の味

実際、銀歯と言っても純粋な銀からできているわけではなく、パラジウム、銀、銅、亜鉛、イリジウム、スズ、他の金属の合金です。
銀歯の味への影響ですが、比較対象がないため、通常殆どの人は味が変化したことに気がつかないと思います。特に治療当日は痛みがあったり、様々な違和感があるため、味に集中できるような状況ではなく、実際には味が大きく変化しているにもかかわらず、それに気がつく人は非常に希です。


銀歯の味への影響ですが、ボディが非常に増し、コク(余韻・後味)が減ります。同時に舌のざらつきのような渋味を呈します。
私は幼い頃から虫歯になりやすい体質で、歯に関しては人一倍苦労をしてきました。現在でも数週間に一度は歯科クリニックにお世話になっております。私は数年前まで銀歯が7-8個ありました。しかし、銀歯が味にどう影響するか理解した後、4-5年かけて銀歯を徐々にセラミックに置き換え、昨年、全ての銀歯を無くしました。最後の治療では一気に3つの銀歯を除去しました。3つの銀歯除去前後における味の変化は流石に非常に顕著でした。味覚の透明度が増し、余韻がとても深くなっておりました。今までずっと食べていた味噌汁がとても美味しく感じられるようになったのが印象的でした。

インプラントをいれることによる味への影響

私は将来における細菌の感染による健康リスクを無くために、根管治療をした歯を、一本ずつインプラントへと変更しているところです。現在、左下奥歯6番にインプラント用のチタンの土台が入っております。チタンは生体の骨組織との相性が良く、骨と接着すると言われております。
面白い事に、チタンは味覚との相性も高く、チタンのマグカップでお茶を飲むと、ボディとコクの両方が顕著に増します。
インプラントをいれたことで、前にも増して食事が美味しくなり、お茶もよりコクとボディも増しました。インプラント導入前後で同じお茶を飲んでみたところ、インプラントの土台をいれた当初は、お茶の味が以前と全く違って感じられました。ボディも増しているため、お茶の香りも広がりがあり、より華やかに感じられるようになりました。まるで性能の高い朱泥急須を購入したくらいの効果があります。また、食事もコクが増すため、同じように食べていた漬け物や味噌汁の味が濃く、美味しく感じられるようになると思います。味が濃く感じらるようになったことで、以前よりも薄味を好むようになったと思います。

チタンによる私の職業上の弊害

ただし、私にとっては職業上の弊害もありました。チタンが口の中に入ったことで、どのお茶を飲んでもボディとコクが強く感じられてしまい、お茶の評価が以前に増して難しくなりました。コクについてはまだ、閾値に遊びがあるのですが、ボディの強弱の判断がしずらくなりました。
しかたがないので、お茶のボディを評価する際は、お茶を飲むのではなく、鼻から吸い込む香りで評価するようにしております。また、まもなくやってくる新茶シーズンに向け新しい品質評価テクニックを開発する必要がありそうです。

是非一度実験してみてください!

この記事を読んで、「まさか!そこまで変化しないでしょう?」と思われた人は、是非、純度の高いチタンのマグカップを購入し、テストしてみてください。チタンのカップは2000円前後で購入できます。チタンを通したお茶、ジュース、お酒、ビール、、、味の違いをガラスコップと比較してみるととても面白いですよ。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP