1つの急須で沢山の種類のお茶を淹れても良いかどうか?

[2018.02.11] Posted By

1つの急須を複数の種類のお茶で共有しても良いかどうかと質問されることが頻繁にあります。特に東南アジア、西洋のお客さんほどこの点を気にされる傾向があります。複数のお茶を1つの急須でいれると、急須の性能が落ちてしまうことを懸念されての質問です。私は経験上、急須は複数のお茶で共有しても問題無いと考えております。ただし、幾つかの注意点があります。

急須の性能に影響を与えるのは香り成分ではなくミネラル

私の経験上、1つの急須で、緑茶や紅茶、時には烏龍茶等、いろんなお茶をいれることに対して日本人の多くはあまり抵抗がないように思います。反面、東南アジアや西洋のお茶愛好家の間では、1つの急須は特定の種類のお茶に対してのみ使用し、複数の種類のお茶で共有しないというのが常識として捉えられております。彼らが懸念しているのは、「1つの急須で複数の種類のお茶をいれると、急須に様々な香りが染みこみ、それによって、お茶が美味しくはいらなくなる」という点です。或いは、1つの急須を1種類のお茶に対して使い続けることで、「お茶の香りが染みこみ、湯を通しただけでお茶の香りが漂ってくるまでに急須が成長する」と考える人もおります。しかしながら、無機化合物である急須に、有機化合物であるお茶の成分が染みこんでも化学的に結合するわけではありません。熱湯を通せば、香り成分は容易に洗い流せるし、奥に入り込んだ成分も、暫くすれば酸化分解されます。この事から、「お茶の香りが陶器に染みこむことで急須が成長する」という考え方は適切ではありません。

同じ種類のお茶でも茶園が変われば含まれるミネラルは同じではない

急須を複数のお茶に対して使用するべきではないという考え方は、本来、お茶由来のミネラルが急須に付着することに関係しております。お茶は土地の土壌由来、お茶の品種由来のミネラルを含有しており、お茶をいれるとそれらのミネラルが急須内面に付着します。同じお茶をいれ続けていると、同質のミネラルが急須内面に蓄積する事で、お茶の味がより円やかになります。このような理由から、お茶が非常に好きな人は、日本茶用専用の急須、台湾茶専用の急須、ダージリン紅茶専用の急須といった具合に、急須を特定のお茶に対して専用化したいと考える傾向があります。しかしながら、この考え方には1つ問題があります。台湾茶といっても、異なる山で収穫されたお茶は、異なる種類のミネラルを含みます。同じ凍頂山で作られていたとしても、茶園が変われば、土壌の質も変わり、含まれているミネラルの種類も異なります。仮に特定の生産者のみからお茶を購入していたとしても、生産者が所有する茶園は1つではありません。異なる茶園には異なる土壌で構成されており、お茶に含まれるミネラルは同一ではありません。どうしても、急須を専用化したい場合は、産地やお茶の種類毎ではなく、品種毎に分けることをお勧めします。ただし、プーアル茶や実生在来のような種から撒かれたお茶は全てのお茶の木の形質が異なるため、品種毎に分けることができません。

お茶によっては特定の急須と相性が悪い素材も

前述したとおり、お茶は産地や品種毎に異なる種類のミネラルを含みます。この結果、お茶によっては、特定の急須と相性が悪い場合があります。例えば、安渓の烏龍茶、鳳凰単叢烏龍茶、武夷烏龍茶は萬古焼とは相性が合いません。私が販売しているラインアップの中では、信楽粗土の急須もこれらの産地のお茶とは相性が合いません。萬古焼でこれらのお茶をいれた場合、余韻(後味、コク)が無くなり、同時に渋味を呈します。相性の悪いお茶をいれ続けると、急須の内面に相性の良くないお茶由来のミネラルが付着するため、結果、急須の性能が低下し、他のお茶をいれても同じように余韻のない味になってしまいます。急須の材質により、全てのお茶と相性が良い土と、特定のお茶とは相性が悪い土とあるため注意が必要です。HOJOで販売している、伊賀天然朱泥、古琵琶湖土、佐渡の急須に関しては、これら3種のお茶とも高い相性を示します。これら3産地のお茶は含まれるミネラルがやや特殊でであるため、急須を専用化するのも一案かと思います。

安渓、鳳凰山、武夷山のお茶と相性が良くない萬古焼

大事なのは同じ水を使い続けること

急須は暫く使い込むことで、お茶の味が更に濃く、甘く感じられるようになります。実際、1ヶ月も使うと、新品の時と比べ、明らかに優れた味へと変化します。多くの人は、お茶が急須に馴染んだ結果と考えがちです。しかしながら、実は、お茶以上に多大な影響を与えているのは、「水」です。水に含まれるミネラルが重要な役割を果たしております。同一の水を使用し続けていると、水由来のミネラルが急須内面に付着し、その結果、急須と相乗効果を示します。私はこの事を実験するために、店に、新しくおろした急須をおき、店のスタッフにお願いし、1ヶ月間毎日、「湯を注ぎ入れては、捨てる」という動作を繰り返しました。1ヶ月後に同一素材、同一バッチバッチの新品の急須と味を比べたところ、顕著に差が観察されました。水をいれ続けたお茶の方が、余韻が長く、渋味が殆ど感じられなくなっておりました。しかし、注意すべき点としては、毎回必ず同じ水、同じ湯沸かしを使用することです。お茶をいれる水は勿論、急須を洗う水も統一する必要があります。水を変えると、急須内面に付着したミネラルと、新しい水に含まれる水由来のミネラル間での緩衝作用により、味にまとまりが無くなります。湯沸かしからもミネラルが溶出することから、毎回同じ湯沸かしを使用することが重要です。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …
普段飲み茶にお勧め!安渓色種を発売
安渓産の「色種」という烏龍茶を発売しました。色種は複数の品種をブレンドすることで、余韻の長さ、香りの広がり等を …

最新の記事 NEW ARTICLES

村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …
1つの急須で沢山の種類のお茶を淹れても良いかどうか?
1つの急須を複数の種類のお茶で共有しても良いかどうかと質問されることが頻繁にあります。特に東南アジア、西洋のお …
普段飲み茶にお勧め!安渓色種を発売
安渓産の「色種」という烏龍茶を発売しました。色種は複数の品種をブレンドすることで、余韻の長さ、香りの広がり等を …
お茶の味を大きく左右する湯沸かしの選び方
お茶をいれる際、急須の材質にはこだわりがちですが、意外に見過ごされているのがやかんの材質です。やかんの材質が不 …
オクミドリ単一品種からなる朝比奈本玉露を発売
静岡県藤枝市岡部町を産地とする朝比奈玉露から、単一品種であるオクミドリのみから作られた本玉露を発売しました。名 …
なぜダージリンティの香りは華やかなのか?
ダージリンティは独特の香りがあり、この香りゆえに多くのファンを有します。このダージリン紅茶特有の香りですが、製 …
渡辺陶三作の無名異焼手作り急須各種発売
渡辺陶三氏作の無名異焼の茶器が沢山入荷しました。今回入荷したのは、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異還元焼成、無名 …
紅茶のような甘い香り白鶯山古樹白茶2017年産を発売
HOJOの白茶の定番の白鶯山古樹白茶 2017年産を発売しました。今年は萎凋を長めに行うことで、ダージリン紅茶 …
台湾を代表する烏龍茶の1つである文山包種茶を発売
文山包種茶を発売しました。文山包種茶は台湾茶を代表するお茶の1つで、茶葉は緩く揉まれ、極めて軽く発酵をすること …
中国紅茶によくある工夫紅茶とはどのような紅茶を意味する?
中国茶関連の書籍には工夫茶(中国語では功夫茶)という名称が良く用いられております。ただ、工夫茶の意味に関しては …

PAGETOP