とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売

[2018.03.11] Posted By

中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りました。非常に滑らかで、余韻が長く、とろりとした、とろけるようなやわらからい味わいのお茶です。

放置状態の自然栽培茶から作られたプーアル熟茶

火草山は雲南省臨滄市の南西部、ミャンマーの果敢地区と国境を接する鎮康県に位置する山です。火草山の隣には、臨滄における銘茶の産地である馬鞍山があります。
火草山のお茶は2017年の春に、長く萎凋を行った特注のプーアル生茶を作り、先行予約にて紹介しております。火草山古樹熟茶についても、同じ地域の原料から作られております。
火草山古樹熟茶は、長期に渡って自然に放置され、野生化した、お茶の木(中国語における野放茶)を原料に作られており、熟茶でありながら、驚くべきレベルの透明感と深いコクを有するお茶です。また、このお茶は飲んだときに、甘く、とろけるような味がします。製法が特別なわけではなく、お茶に鉄分が多く含まれているためにこのような独特の味わいがします。

一見藪のように見えますが、中国で野放茶と呼ばれる自然栽培の茶園です。

入手がとても難しい春の一番茶

中国国内での消費割合が非常に高いプーアル生茶に対して、プーアル熟茶の場合、一般的に、その多くが輸出や中国の東北部の寒い地域に販売されます。遠隔地が市場と言うこともあり、比較的安価であることが重要視されます。この為、生産される熟茶の殆どは、春、夏、秋茶をブレンドすることで、値段と品質を均して販売されます。実際、雲南省の省都である昆明のお茶問屋などでプーアル熟茶を求めた場合、春茶100%のお茶を見るけることは極めて希で、その殆どがブレンドされたお茶になります。それに対して、HOJOで販売しているプーアル熟茶はどれも春茶のみです。私は確実に春茶を仕入れるために、現地で発酵作業をやっている「生産者」から直接仕入れております。ただし、春茶を仕入れるためには、多くの場合生産者に対し予約注文をいれておく必要があります。知識のあるお茶業者は私達と同じく春茶を狙っているため、予約なしでは入手が非常に難しいのが実情です。

作りたての火草山産のプーアル生茶

質が高く高級なプーアル熟茶が少ない理由

同じグレードの茶葉からプーアル生茶とプーアル熟茶に加工した場合、プーアル生茶の方が高い値段がつきます。プーアル熟茶はプーアル生茶を原料として作られており、生産するためには多くの手間がかかっております。より手間がかかっているプーアル熟茶の方が生茶よりも安いと言うのは生産者からすると受け入れがたい話です。ただし、原料として用いられる茶葉の質が下がると、生茶と熟茶の値段は僅差になります。安価な熟茶は海外や中国の寒い地域での需要が非常に高く、プーアル生茶よりもまとまった量(トン単位で)売れるため、生産者からすると非常に魅力有る商売となります。このような理由から、雲南省において、質の高いプーアル熟茶が作られるのは非常に希です。良い品質のプーアル熟茶を見つけるのは、プーアル生茶で同等の品質を見つける以上に経験と労力を伴います。

特注により高品質なプーアル生茶を原料に熟茶を生産

HOJOではこれまでも様々なプーアル熟茶を紹介してきました。火草山古樹熟茶が特別なのは、非常に質の高いプーアル生茶を原料としている点です。実際、今回使用した原料のプーアル生茶はそのまま販売しても、十分に通用する品質だと思います。実は数年前から、極めて質の高い自然栽培茶を原料に用い、プーアル熟茶を作りたいと願っておりました。過去数年にわたり、高品質のプーアル生茶を専門とする生産者に、質の高い熟茶の生産をお願いしておりました。非常に原料コストが高く、また、稀少ゆえに、なかなか生産することに同意して貰えなかったのですが、昨年ようやくその願いが通じました。生産者が少量でも上手に発酵を制御する方法を見いだしたことで、一般的なプーアル熟茶の様に10トン規模で大量に作るのではなく、1トン程度の少量の単位で発酵作業をすることが可能になりました。一部は、生産者が地元のお客さんに販売し、残りを私が仕入れました。生産者談によると、高品質なプーアル熟茶は値段がゆえに一般にプーアル熟茶を求めるお客さんからの需要は殆ど無いそうです。

適切に発酵されたお茶は甘い乾燥フルーツの香り

プーアル熟茶は微生物の発酵によって作られますが、重要なポイントは水分と酸素供給です。水分が多すぎると、茶葉内部の酸素が不足し、嫌気性菌と呼ばれる微生物が増殖し、その結果不快な臭いを作り、健康面でも好ましくありません。プーアル熟茶が嫌いという人が口をそろえて言うような、カビ臭い、古い家具や土のような臭いは酸素不足により嫌気性菌が増殖した結果によるものです。また、水分が少なすぎると、微生物は増殖が困難になり発酵が進みません。適度な水分を与えつつ、頻繁に茶葉を攪拌することで、空気を与えると、放線菌を中心とする好気性菌(酸素を好む微生物)が増殖します。また、その結果、茶葉の温度が非常に高温になるため、雑菌が増殖できずません。適切に発酵が行われたお茶は、乾燥フルーツのような甘い香りがします。火草山は良い原料を用いたこと、また、少量で生産したこともあり、非常に手をかけ、頻繁に攪拌をしました。その結果、私が理想とする非常に甘い香りのお茶に仕上がり非常に満足の行く内容でした。とろりとした味わいと、乾燥棗のような甘い香りをお楽しみください。

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP