現地発!2018年の雲南省のお茶の状況

[2018.04.04] Posted By


3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の詳細情報を入手しましたのでレポートしたいと思います。

標高は高品質のお茶の必須条件

私が現在いる場所は、臨滄の南西部の鎮康県周辺です。日本から出発した場合、早くて2日、不慣れな人だと3日は移動にかかる場所です。この周辺は2000m級の茶山が数時間内の距離に豊富にあります。無肥料無農薬の老木からなる茶園が多く残っており、良質な原料の宝庫と言える場所です。

お茶の収穫時期は年ごとに変化

通常、お茶の収穫時期は年ごとにぶれます。農作物は陰暦に準じて成長すると言われているため、私達が使っている陽暦のカレンダー毎年ブレが生じるのはごく自然と言えます。また、中華正月以降の、雨の量がお茶の成長に大きく影響することから、毎年新茶の収穫時期は同じではありません。

比較的低地のよく手入れされたお茶の木(自然栽培ではないお茶の木)

昨年は中華正月〜4月まで殆ど雨が降らず、加えて、低温が続いておりました。4月上旬に入りようやくお茶が成長を始めたのですが、4月の中旬〜5月の末まで雨が降り続いたことで、生産量が極めて少なく、その結果、多くの加工業者に関し新茶の生産量は例年の1/3程度でした。今年も中華正月以降殆ど雨が降っておりませんが、気温は高めに推移しております。この為、お茶の成長は昨年と同じく遅れているものの、収量は昨年よりも多くなると予想されております。ただ、値段に関しては、今年も少なからず昨年の影響を大いに受けており、昨年の分も取り返そうとする生産者の思惑が価格に反映しており、どの産地を見てもお茶の販売価格が20%ほど上昇気味です。但し、実際に茶園をまわり生茶の取引価格を調査すると、昨年とほぼ同じかやや高い程度であり、恐らく、よりシーズンが進むことで例年並みの値段に落ち着くと思われます。但し、野生茶に関しては値段がじわじわと上昇しております。野生の紅茶の需要が増加し、原料の取り合いとなっている事が影響しております。

若いお茶の木は成長が早いのが特徴です。

良いお茶ほど後に出てきます

臨滄地域では既にプーアル茶の生産が始まっております。中国では、緑茶に関し、清明節の前に収穫されたお茶を「明前茶」と呼び珍重する傾向があります。この慣習ゆえに、プーアル茶にも同様の概念を当てはめる人がおります。また、「お茶の品質は早い程良い」と考えている業者も少数ですが存在し、早摘みのお茶は比較的高い値段が付きます。但し、早摘み=低い標高&若い木&肥料栽培です。現在摘まれているお茶は1300m〜1600m程度の標高の比較的若い木からなる茶園産で、正直あまりよい品質ではありません。私が予約している2000-2400mクラスの茶園産のお茶の収穫は、あと2週間か3週間先になりそうです。

シーズン前に産地入りすることで生産条件を打ち合わせ

私の場合、雲南省で仕入れているお茶の殆どを特注で作っております。原料及び、生産のパラメーターを全て指定し、生産予約をすることで欲しいお茶を腕のよい茶師に確実に仕上げて貰っております。但し、お茶のシーズンが始まる前に入念に打ち合わせをする必要があり、それゆえに、シーズン前に現地入りをしております。特に雲南省の人は、実際に顔を見ると、ようやくエンジンがかかる傾向があり、シーズン前に産地に来るのはとても重要です。

大雪山野生白茶の萎凋工程:今年は非常に理想的な商品が出来そうで嬉しいです。

また、銀針のような単芽からなる白茶や、野生茶の生産は今が生産のピークを迎えており、ここ数日は、特注で作ったお茶の品質確認作業に追われておりました。

大雪山野生プーアル茶は必要量を作り上げ、既に仕入れを完了しました。理想的な仕上がりに満足しております。

今年の課題は生産→緊圧→出荷の時間短縮により鮮度を維持すること

今年はお茶の生産から緊圧までの時間を短縮することで、新鮮なお茶の香りを最大限に保ちつつ日本に届けたいと思っており、その為に、生産後1週間以内に緊圧を行い、現地で立ち会い、餅茶の品質を再確認した上で、即出荷してしまおうと考えております。

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP