意外と知られていないプーアル熟茶の製法

[2006.08.04] Posted By

プーアル茶には2種類あり、「微生物による発酵」が関与するのがプーアル熟茶、酵素発酵のみで作られるのがプーアル生茶と呼ばれます。プーアル熟茶茶は黒くて、固まっていて、何だか古~い家具のような臭いがします。雲南省にてプーアル茶と言ったら、本来、プーアル生茶を指します。但し、人気の高まりから、アジアや日本ではプーアル熟茶の需要が高く、私も毎年熟茶の仕入れを行っております。

以下、プーアル熟茶の出来るまでを簡単に説明します。
プーアル茶の原料は、高級緑茶のように芽を使用するのではなく、比較的大きくなった茶葉+芽+茎が原料として使用されます。プーアル茶の場合、大量のポリフェノールが含まれていることが非常に大切ゆえに、芽ではなく、ポリフェノール量が豊富な、少し成長した茶葉が用いられるのです。
収穫後、直ぐに熱による処理が施されます。この処理は「殺青」(日本語ではサッセイ、中国語ではサァーチン)と呼ばれ、茶葉に含まれる酸化酵素を熱で失活し、機能できなくします。もし、殺青をせずに次の工程に進んだらどうなるでしょう?茶葉はどんどん酸化され、茶色くなり、「出来損ないの紅茶」になります。酵素を失活することにより、カテキン等のポリフェノールや葉緑素を保存することが出来るのです。
その後、揉捻(茶葉を揉んで抽出されやすくする工程)や天日乾燥を経て、中間製品が出来上がります。この中間製品は「プーアル生茶」です。プーアル生茶は、シートで覆われ、茶葉は高温多湿の状態に保たれます。堆積することで納豆菌のような細菌類を初めとする微生物が増殖し、50-70℃という非常に高温になります。

1次堆積工程:細菌類による発酵が行われる。

この工程を完了した茶葉は、ほぐされ、2次堆積工程へと進みます。この工程ではカビ類や酵母などの真菌類が増殖します。

微生物は「とても不思議な性質!」を持ってます。成長が不十分なときは一生懸命に成長しようとします。でも、成長が終わると、こんどは色んな物質を生産し始めるのです。これを専門用語で「2次代謝」とよびます。(2次代謝の代表的な産物には抗生物質があります。)
パンに生えたカビも、初期の段階では不快臭も殆どしませ。この時カビは自身が成長することに注力しているため、臭いに関係するような物質は生産されません。暫く放置しておくと、異臭が発生し、また、パンはドロドロに溶けます。この時まさに「2次代謝」が行われているのです。
パンがドロドロに溶けるのは、カビが生産した酵素が関係しております。プーアル茶の中でも同じような現象が起きております。成長がほぼ終わったカビは、様々な酵素を作りだし、お茶の成分をどんどん分解していきます。ポリフェノール、タンニン、タンパク質、葉緑素、何でも分解してしまいます。
こうして出来上がったのがプーアル熟茶です。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP