ついつい人に話したくなるラプサンスーチョンの歴史

[2006.08.30] Posted By


ラプサンスーチョンと言えば、キームン(キーマン)紅茶と並び中国を代表する紅茶の1つです。ラプサンスーチョンは中国語で「正山小種」(Zheng Shan Xiao Zhong)と書きます。

正山小種は福建省の岩山に自生する武夷岩茶でした。(ご存じの方もいるかと思いますが、武夷岩茶は中国を代表する烏龍茶の種類で、今でも様々な銘茶が生産されております。)
記録によると、1734年には既に「小種」の名前が記載されております。小種とは岩山に生える高品質なお茶の種類を意味しており、当時はこの種類のお茶を用いて烏龍茶、つまり武夷岩茶が生産されておりました。
何故、武夷岩茶がなったのでしょう?
清朝(1850-1864年)の頃、中国国内は非常に不安定な状況にありました。軍が桐木村の星村鎮へと進行した際、茶屋に滞在しました。と言うのも、星村鎮は烏龍茶で栄えている町だったため、街の多くが茶屋だったのです。
当時は自然萎凋→揺青(半発酵)→揉捻までを農家で行い、乾燥は街の茶屋にて行われておりました。ところが、軍の侵攻で茶屋の労働者達は作りかけのお茶を放置したまま山へと逃げてしまい、湿った状態の茶葉が袋に入った状態で残されました。
軍が去った後、茶屋の人々が戻ると、袋の中の茶葉は茶色に変色し、独特の香りを放っていたのです。(暖かく高湿な環境下に置かれた茶葉はゆっくりと酸化したのですね。)
しかしながら、茶屋の人々はその茶色く変色したお茶を直ぐに乾燥することが出来ませんでした。なぜならば、農民達が次々と運んでくる新鮮な茶葉により、乾燥設備の能力が許容いっぱいだったからです。
茶葉を無駄にしたくなかった茶屋では、フライパンを用いて茶葉を炒めることで乾燥し、同時に松を燃やすことで部屋の温度を高め乾燥時間を短縮しようとしました。
その結果、茶葉は松から発生した煙の香りを吸収し、製品からは仄かな松の香りが感じられました。
このお茶が福州にて紹介された際、ヨーロッパに強い販売ネットワークを持つ有る外国の貿易商の注目を集めました。そして、最終的にはイギリスの皇室への献上品にまでその人気は加速していったのです。
加速する人気のため、星村鎮周辺地域では紅茶の生産を行い、それを星村鎮に送り、煙の香りを付与することで最終製品としました。
これらは煙臭いだけで品質的に劣ることから、伝統的な方法により生産された、オリジナルのラプサンスーチョン/正山小種と区別するために烟小種、Tarry Souchong、外山小種と呼ばれました。
尚、星村鎮の山は「正山」と呼ばれており、正山産の茶葉は、品種名である「小種」と組み合わされることで「正山小種」と呼ばれるようになったと言われております。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP