• ホーム >
  • お茶ビジネスの運営・記録

ブランド缶の印刷

[2006.10.03] Posted By

昨日、東京へ出張しておりました。今回の出張の目的は、私のブランドのメインとなる缶の印刷立ち会いでした。

実は以前はマレーシアにて缶を作ることで、より安いコストで容器を作り上げようと考えました。でも、よく調べてみると日本製の缶とマレーシア製の缶では製缶技術に雲泥の差があり、コストは高い物の、日本で作ることにしたのです。
缶の制作は、日本でも高級茶缶をはじめとする、高品質缶の制作を得意とする会社にお願い致しました。
但し、製缶会社では缶の印刷(スチールプレートへの印刷)は自社で行っておらず、東京にある印刷会社で行いました。
既に何度か校正刷り(テスト刷り)をしてもらい、サンプルを受け取っていたのですが微妙な色合いに関して、更に検討をしたいと思い、最終的に立ち会い印刷をすることになったのです。
実際、缶に印刷すると言うことは、とても大変なことなのです。何が大変かというと、
1-デザインから缶に印刷するための版を作らないといけません。つまり、絵を描いただけでは駄目で、その絵から版画の版に相当する物を作らねばなりません。
2-印刷に用いられる色を決定しないといけません。
3-小ロットでは対応してくれないため、相当量のロット単位によるオーダーが必要で、印刷や製缶コストが大変高額になります。因みに、缶の単価自体はそう高い物ではありません。
 
以上の理由から、小売りを行っている一般のお茶屋さんは概して缶に直接印刷を行いません。通常、既製の無地缶を購入しそこに自社オリジナルのラベルを貼って対応するのが一般的です。
私の場合、ブランドを作り上げようとはりきっているので、どうしても自社オリジナルのパッケージは欠かせないと考えました。

20061003133149.jpg
写真:印刷機

前置きが長くなりましたが、「東邦ブリキ印刷」という会社に行きました。この会社の社長さんは、物凄く技術にこだわっておられる方で、自社の技術を熱く語ってくださいました。
この会社では印刷ラインにも拘られているのですが、とにかく職人さんがベテランの域に達しており、ターゲットの色を見ただけで、「チャッチャ」といろんな色を混ぜて目的の色を作り出してしまうのです。しかも、その色が仕上げニスを塗るとどう変化する等の情報が全て頭に入っているらしく、とにかく凄まじい職人芸を見せてもらいました。
20061003133124.jpg
写真:印刷ライン
20061003132515.jpg
因みに、スチールプレートの印刷は1色ずつ印刷します。要するに版画と同じです。今回は1階だけやり直しをしたのですが、2回目にピタッと目的の色を出すことが出来ました。
色を決めた後は、即何百枚ものプレートが印刷機に突入していきました。

そんなわけで、昨日をもってプレートの印刷が終了し、無事ブランドの標準色も決まりました。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP