• ホーム >
  • お茶ビジネスの運営・記録

パッケージが納品されました。

[2006.10.18] Posted By

来週の月曜日から台湾出張となります。台湾では2カ所の業者を回り、1週間の滞在予定です。その後はマレーシアに移動です。

台湾では東方美人の季節は少し過ぎてしまいましたが、製品を何種類も見せてもらい、また、農園や工場にも案内してもらうことになっております。
更に、今ちょうど凍頂烏龍の季節と言うこともあり、山まで6時間かけて行くことになっており、大変楽しみです。
 
今日、ブランドを代表する缶が完成し、配達されてきました。海外向けも既に船に積み込まれ今週中に出航するそうです。
さんざん苦労して作ったデザインなので、我が子を見るようで本当に嬉しかったです。デザイナーの皆さん有り難うございました。
到着した瞬間、「良く来たね~」と思いました。まるで、孫を迎えるじいさんのようでした。
トラックから降ろされるとき、「そっとお願いします!そっと!」と思わず、声をだしてしまいました。私は現場監督のごとく、その場で立って指示しておりました。運転手さんごめんなさい。実は、まだぎっくり腰気味なものですから・・・・。きっと「偉そうなやろうだ」と思われたにちがい有りません
 
既に、日本では低温倉庫の設置が完了しております。ペナンのオフィスでもマレー正月が明け直ぐに低温倉庫が導入されることになっており、もうすぐ原料の納入も進められそうです。
これまで1年以上かけて準備をしてきたので、ようやく売り出せるかと思うと嬉しいかぎりです。
 
明日は弁理士事務所に行き、商標登録をする予定です。ロゴには時間とお金をかけて満足のいく物を作り上げたので、コピーされないようにしなければなりません。既にマレーシアでは登録が完了しておりますので、引き続き日本とシンガポールでも登録を進める予定です。本当はもっと多くの国々で商標登録をしたかったのですが、一件あたり10-20万円かかるため、まだ売り上げのない私にはやや(本当は凄く)辛いです。そんなわけで、一番コアのマーケットである日本・マレーシア・シンガポールでまず登録です。
 
もうすぐ、WEBショップも完成します。開店当初は無料のモニター商品等もありますので、是非よろしくお願い致します。もちろん、モニター商品は自信のある商品しか出しません。自信のない商品をモニターしてもらったら、二度と買ってもらえまんので・・・。モニター商品選びも緊張します。
そんなわけで、モニター商品には私が「これは美味しいだろうな~」というお茶を選びました。楽しみにしていてください。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP