Taiwan02_resize.jpg

烏龍茶作りは夜を徹して行われます。朝収穫したお茶は順々に加工されていくのですが、発酵工程が非常に長いことから、翌朝になってもまだ作業が続けられます。遅くまで工場見学をしていたため、帰りが遅くなりました。明日も早いため、要点のみ紹介したいと思います。

1.朝早く起きて、お茶会社に行きました。海外ビジネスに力を入れている会社ゆえ、凄く大きな企業と思いきや、実は家族スケールの物凄く小さな会社でした。私はファミリービジネスは好きです。決断の早さ、人間関係の濃さに関し、ファミリービジネスの右に出る物はありません。

2.製茶工場を訪れ日光萎凋(お茶の葉をしおれさせ、水分を蒸発すると同時に発酵を開始する工程)を見学しました。烏龍茶作りの最初の工程です。

Taiwan0001.jpg
日光萎凋の為に地面に広げられた茶葉

3.阿里山に茶園と工場を見学に行きました。今は凍頂烏龍茶と高山茶の時期が始まろうとしており、茶園が活気づいておりました。阿里山は非常に急な斜面の山で、低~中所には膨大なビンロウジ園が広がっておりました。更に上に向かうと、茶園が広がっておりました。午後は常時霧に包まれているらしく、どこもかしこも霧だらけでした。この霧深い山が良いお茶の秘密なのです。
因みに、阿里山は台湾で唯一檜がとれる山です。台湾には沢山の山があるのですが、檜があるのは阿里山だけだそうです。実は、その昔日本軍が台湾に駐屯していた際、阿里山の檜を日本に輸出していたそうです。その際に、SLの導入をはじめとする、様々なインフラが整備され、同時に茶畑の開発が行われたのです。

Taiwan1.jpg
山へ登る道沿いは大量のビンロウジ園でした。
Taiwan00_resize.jpg
山の斜面一面に広がるビンロウジ
Taiwan7.jpg
阿里山の山々

4.昼食は業者の友人宅でご馳走になりました。台湾の家庭料理をご馳走して頂き、大変満足でした。

5.午後から、烏龍茶(高山茶・凍頂烏龍茶)の製茶工場を見学しました。ザルで茶葉を手早く攪拌するしぐさがとても印象的でした。高級茶は、こうした手作業の連続により作られます。茶葉は攪拌により徐々に傷が付き、そこからゆっくりと発酵が進んでいくのです。作業は全て職人による手作業。正に芸術でした。

Taiwan0003.jpg
茶葉にを落とすことで傷を付け、発酵を開始します。
Taiwan4.jpg
発酵中の茶葉
Taiwan6.jpg
袋に入れ、きつく絞った後、圧力をかけて揉むことで茶葉は烏龍茶特有の丸い形になります。

6.茶園の見学をしました。既に夕方近かったこともあり、茶畑は殆どが霧に覆われておりました。更に、雨まで降ってきて、大変困難な写真撮影となりました。

Taiwan03_resize.jpg
Taiwan9.jpg
 

7.夕食は何故か、「名物」の山羊鍋でした。3時間前までは生きていたと言う山羊をぶつ切りにして鍋にぶち込んだ豪快な料理でした。豚足ならぬ、山羊足まで入っておりました。大量の肉に加え、足も1足だけ渋々食べたところ、「足は2来ないと歩けないんだよ」と言われ、更にもう一足食べる羽目になりました。(詳細は後日)

8.夜に再び南投縣に戻り、購入するお茶の話し合いをし、再び工場で夜行われる作業の見学をしました。

Taiwan04_resize.jpg
Taiwan05_resize.jpg
 
明日は別の場所に移動し、新しい業者と会う予定です。ブログがアップできるかどうかは、ネット環境次第です。続く・・

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP