タマリンドの正体

[2006.11.12] Posted By

この写真の物体は何だか分かりますか?豆?

正体は「タマリンド」、マレーシアではAsam Jawaと呼ばれる果物なのです。
果物と言っても、タマリンドの場合、スパイスとして用いられるのが一般的です。
Tama_3.jpg
 
この果物は東南アジアに普遍的に見られ、大木に実を付けます。最初は緑色をしており、熟すと写真のような茶色というかベージュに変化します。
緑の状態では酸味が強く、国によってはスープに香りや味付け目的で用いる場合があるそうです。
マレーシアでは中身を取り出し、パルプの状態(ペースト状)でスーパーマーケットにて売られております。殆どの家庭では、タマリンドの果物を購入するのではなく、ペースト状になった茶色の固まりを購入するのが一般的です。
但し、タマリンドペーストには、種と繊維が含まれているため、そのまま料理に用いることは出来ません。ペーストを温水に溶かし、果肉部分を水に溶きつつ種と繊維を除去します。ストレーナーや笊を使って除去しても良いです。
マレーシアの料理、特にマラッカ料理であるニョニャ料理を代表する、甘酸っぱく炒めた殻付きのエビ料理、フライフィッシュ、チキン等をご存じでしょうか?これらの料理には何とも言えない甘酸っぱい調味料が使われており、一度食べたら病みつきになる味です。この甘酸っぱい味の正体がタマリンドなのです。
Tama_1.jpg
これが食べ頃。このままガブッと食べればいいのです。ふくらんだ部分には下の写真のような種が入っております。時々、カビが生えている場合が有りますので、実が白くなっていたら注意しましょう。酸っぱいような香りは本来の香りですので大丈夫です。
Tama_2.jpg
タマリンドペーストがあまりに一般化しすぎてしまった為、マレーシア人ですら本物の果物を見たことのない人が大勢おります。タマリンドの実はパサールマラムか昼間の市場でしか入手はできません。
このタマリンドの実ですが、そのまま食べても実に美味しいのです。殻をぱりぱりと割ってから、中身を食べます。ねっとりしていて、味は「干し柿」のようです。でも、干し柿よりも洗練されて爽やかな味がし、食べ始めたら止まりません。私は干し柿は苦手なのですが、タマリンドは好きです。
タマリンドが料理に用いられることを考慮すると、干し柿をペーストにして料理に用いても美味しいのではないかと思います。これまでそのような料理は見たことがありませんが、エビを殻付きのまま油で炒め、干し柿のペーストを水に溶いて加え、塩や唐辛子を加えて炒めたら楽しそうです。今は干し柿の季節ですので、興味のある方は是非チャレンジしてみてください。
tama4.jpg
マーケットで売られているタマリンドペースト。ひとかたまりでRM1=30円です。タマリンドペーストは酸性で、水分活性も低いため、常温でも保存できます。但し、表面にカビが生えることも考えられるため、冷蔵庫で保存する方が確実です。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP