実在するカレーの木

[2006.11.21] Posted By

前回のブログを書いた際、生のカレーリーフの写真が手元に有りませんでした。そんなわけで、写真を掲載することが出来ず凄く悔しい思いをしました。そんなわけで、実は昨夜会社の帰りに、周辺の探索をしてみました。

その結果、見つけました!本当に、「その辺」にありました。でも、残念ながら、愛用のEOSを持ってませんでした。更に私を雌犬と間違えてか、果敢にアプローチしてくる野良犬を牽制するがあまり、あまり良い写真が撮れませんでした。
20061121133655.jpg
そもそも、カレーリーフは至る所にあります。あまりに一般的すぎて、雑草と見間違えます。元々はインドが原産の木らしいのですが、東南アジア全域で見られます。特にフィッシュカレーには欠かすことの出来ないスパイスで、マスタードシード(生の粒)と唐辛子と一緒に炒めると、非常に香ばしい香りが立ち上り、カレーを数倍美味しくします。因みに、木と根はインド人の間では生薬として用いられるそうです。
今度日本に帰る際には、是非、持って帰り、我が家のカレーライスにも入れてみたいと思います。生を乾燥してから、持って帰るか、炒めた後に乾燥して持って帰るか悩むところです。でも、考えてみると、「炒める」→「乾燥する」はまさしく中国緑茶の製法です。おそらく数ヶ月間は、緑色が保たれると思います。
更に、自宅にて、別の保存法も実験しました。イタリアにはバジルをオリーブオイルにガーリックや松の実と一緒に漬け込んだ、「ジェノバペースト」という調味料があります。この調味料は、バジルを油に漬け、pHをアルカリ性にすることで、日持ちさせています。(アルカリ下では葉緑素は日持ちします。)
この原理を応用し、カレーリーフを油に漬けました。生のまま漬けたところ、数週間後には良い香りになっておりました。ただ、生の状態だと、水分が多いため、やはり日持ち効果は薄れます。更に、カレーリーフは炒めてようやく良い香りになるため、生の葉を抽出しただけではカレーリーフの効果は半減です。
そこで、今回私が開発するのは、「スペシャルカレーリーフオイル」。これは画期的な香辛調味料になります。今まで見たことがありません。
<作り方の計画書> 茶の製造工程に似ているので、お茶用語で解説します。
開発目的は:HOJO家で美味しいカレーを食べるため。
1-     その辺から新鮮なカレーリーフを調達
2-     少しだけ、日陰で干し(室内萎凋)をし、水分を60%位に落とすと同時に、旨みと香りを高める。
3-     炒める(炒青)
4-     少し揉む(揉捻):成分が油に染み出しやすくするため。
5-     油に漬け、蓋をする。
6-     1週間ほど熟成する。
今回、大量の葉を油に漬ける予定です。日本に持ち帰った頃には、油にはカレーリーフの香りが浸み出し、とても良い感じになっているはずです。カレーを作る際、この油でその他の具材を炒めればいいのです。リーフを数枚入れてみるのも本場のカレーみたいで良いと思います。
私は普通のカレールーを用いてカレーを作ります。でも、大切なのは昨日もリンクした「本格カレーの作り方」の手法で、ホールのスパイスを用いて下処理をすることです。更に、「スペシャルカレーリーフオイル」を併用すれば・・・日本人好みで、それでいて本格的なカレーができること間違いなしでしょう!

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP