ダージリンへ行って来ます!

[2006.11.26] Posted By

明日からインド出張です!

私にとってインドの茶園を訪問するのは始めてゆえにとてもワクワクドキドキしております。但し、インドの場合、中国や台湾と違い、英語が通じるのでそういった意味では気分的に楽です。ただ、業者がちゃんとアレンジしてくれているのか、その辺がやや不安です。
今のダージリンは冬に入る直前です。それもそのはず、ダージリンと言えば、ヒマラヤの直ぐお隣です。ヒマラヤを挟み反対側はネパールです。恐ろしく寒い可能性もあり、マレーシア仕様の夏服しか持っていない私としては、気温がとても心配です。明日出かける前に、マレーシアのReject Shopで長袖を買う必要がありそうです。ただ同時に、冬の澄んだ空気の中、ヒマラヤがくっきり見える可能性があり、とても楽しみです。
明日はシンガポール航空でカルカッタまで移動です。その後のスケジュールがなかなか、タフです。
1日目:ペナン→シンガポール→カルカッタ(シンガポールエアライン)
2日目:業者のオフィスで打ち合わせを行った後、夜行電車車中泊しつつ、ダージリンを目指します。
3日目:ダージリンのロヒニガーデンで朝食です。更に、ゴパルドハラ茶園で昼食をとり、茶園の見学をします。そのまま、茶園で夜を迎えます。(何処に泊まるんだろう?)
4日目:アボングローブ茶園とその他の有機茶園を見学します。
5日目:ダージリンの街を見学後、再び夜行列車でカルカッタを目指します。
6日目:業者と打ち合わせをした後、飛行機で帰路につきます。
スケジュールを見ただけで、どっと疲れを感じそうなプランです。
今回の最大の目的は、今後安定的に買い付けるにふさわしい有機茶園を自分の目で確認することです。インドの有機茶園への取り組みは、台湾・スリランカと同じく意外に遅れております。
それもそのはず、「ダージリン」と聞いただけで、「安全」な気がしませんか?
それに対し、「中国雲南省のプーアル茶」「中国湖南省の何々」と聞いただけで、「不安」を感じます。意外にも中国ではこの現実を真摯に受け止め、有機茶に対し政府を挙げて取り組んでおります。その為、最近では世界でもトップレベルの有機栽培が茶園でも浸透しております。
現実は、ダージリンでも無農薬、又は有機茶園はかなり限定されます。更に、有機茶+高品質というコンセプトが浸透しておらず、「有機茶=品質は妥協してよね~」というのが標準になっているように思われます。
勿論例外もあります。今回はその例外を見極めに行くのです。茶園さえ、確認できれば、今後はそこの茶園を指定して買い続けることができます。
今回の旅行中、コンピューターは持参しません。明らかにインターネットへのアクセスが出来なさそうだし、山歩きが中心になりそうだからです。全てのメールは携帯電話に転送するようにし、ブログの更新は来週末になります。
そんなわけで、暫くブログが休みになりますが、また週末から復活しますので、よろしくお願い致します。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP