現地茶園レポート、ダージリンにおける有機農法

[2006.12.20] Posted By


世の中でも一般的になりつつある有機食品ですが、実際、有機農法ではどの様な取り組みにより運営されているのか、ダージリンの有機農園を例に説明したいと思います。

今回、私がダージリンティを購入した農園は徹底した有機栽培を実践しており、ドイツの認証機関から有機認証を受けておりました。
有機農園=化学肥料や農薬を使わないと言うことではありません。有機農園では、肥料も農薬も基本的には自分たちの土地に生えている植物を使い、自分たちで生産しております。例えば、肥料ですが、「牛の糞」を使っていれば、有機農法と考える人もおりますが、実はそうではありません。実際の所、牛が何を食べているか全く分かりません。もしかしたら、農薬がたくさんかかった草を食べたかもしれません。その場合、当然それら化学物質は糞にも残留し、それが肥料として散布された場合、お茶に吸収されてしまいます。
勿論、有機栽培区域内で飼育された牛の糞は、「素性が分かっている」為、使用することが出来ます。同様の考え方に基づくと、外部から入手した肥料及び農薬は、それらが完全な有機栽培品であることが証明されない限り使用が出来ません。
実際は外部に「仕入れ」を頼るのは現実的でなく、有機農園の経営者としても、外部由来品を使用していたのでは何時有機認証を取り消されるか分からず、不安でなりません。それ故、有機茶園では、肥料も、農薬も全て自分たちで生産をするのが一般的です。

私が農園を訪れた際、農園のマネージャ-は、お茶のことより、自分たちがどれだけ苦労して虫対策や肥料対策を行っているか、それについて非常に熱く語ってくれました。
私たちは、ジープにさんざん揺られ、山を登りました。ジープの揺れは凄まじく、未だギックリ腰が治りかけの私にはとても辛い道中でした。
ようやく辿り着いた先には、堆肥と、なにやら見たことがあるような無いようなハーブ類がしげっておりました。マネージャーは、農園を荒らす虫対策にはどの様なハーブが良いのだとか、どうやって堆肥を作っているとか、次から次へと説明してくれたのです。
有機栽培における最も重要なコンセプトは、Live or let Dieではなく、Live or Leaveだそうです。つまり、ウンカのように共生するか、そうでなければ、「去ってください」と言うことなのです。「害虫には、死んで頂きましょう」と言うのが従来の農業の考え方でしたが、有機農法では、害虫が嫌いな苦い植物の汁や、虫の嫌がるハーブのエキスをかける事で、害虫が嫌がって茶園に近づかないようにするそうです。
その為、農園のあちらこちらには、様々なハーブ類が作られておりました。意外だったのは、「このハーブもよく効くんですよ」と言って見せてくれた植物の1つは、日本の「ヨモギ」そのものでした。

Organic_11.jpg
このハーブは噛むととても苦く、虫除けになるそうです。
Organic_10.jpg
同様のハーブが至る所に植わっておりました。
Organic_07.jpg

新しく植樹された茶園の間には、やはり虫除け薬を作るためのハーブがありました。
ハーブ類は定期的に刈り取られ、裁断機で裁断した後、水の中に2週間近く漬けておくそうです。暫くすると、ハーブ類は徐々に分解され、成分が水に溶け出してきます。それらを濾過したものが農薬として散布されます。勿論、これら「農薬」では虫は死にません。虫たちは逃げていくだけです。日本における蚊取り線香と同じ原理ですね。
Organic_04.jpg


Organic_09.jpg
同じく、レモングラスです。


肥料づくりも一筋縄ではいきません。草やシーズンオフの茶を刈り取り、それらを裁断した後、堆積し、毎日のように散水するそうです。散水することで、カビや放線菌を初めとする微生物が増殖し、プーアル茶の如く、発酵していきます。発酵が進むと、草は堆肥となります。
Organic_05.jpg
このような装置で刈り取った草を細かく裁断します。

Organic_02.jpg
未だ積み上げられたばかりの草。散水を繰り返すことで、発酵を促し、堆肥にするのです。
Organic_03.jpg
堆肥は子供たちの遊び場とかしておりました。道路はご覧の通り、石畳です。この上をジープで走ると本当に揺れます。
Organic_06.jpg
これは既に発酵が十分に進んだ堆肥です。

今回の視察で、有機農園の苦労が本当に分かりました。お茶を作る以前に、肥料や農薬を自分たちで生産しなければならず、その為の作業の大変さが本当に良く伝わってきました。
実際、ダージリン地区では、長年に及ぶ農園経営により生態系が壊滅的に破壊されているそうです。お年寄りが言うには、彼らが子供の頃は、ダージリンの川には大量の魚が泳ぎ、森には色とりどりの鳥や、野生動物がいたそうです。
Organic_08.jpg野生のインコの群れ。凄く奇麗でした。

ところが、近年それら失われた生態系が、もどりつつあるそうです。広大なエステート規模での有機農法を導入することで、食物連鎖が丸ごと保護され、じょじょに野生動物の数、種類が増え始めているそうです。事実、私が農園の周りを散歩していたところ、大量の野生のインコの群れに遭遇しました。野生のインコは、有機農園地区にのみ居着いているそうです。
私たちがダージリンの有機栽培茶を買うことが、間接的にダージリンの生態系保護につながっているかと思うと、少し嬉しい気がします。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …

最新の記事 NEW ARTICLES

老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …

PAGETOP