• ホーム >
  • お茶の品質を決める各種要素

烏龍茶の評価方法 -水色編

[2007.01.26] Posted By

1月も終わりに近づき、私のオフィスはかなり殺気立ってきました。2月のミニ店舗オープンに向け、スケジュールだの予算だのが飛び交っております。最近では、パートタイマーも雇い入れ開店準備に追われているところです。

売れすぎて、人を雇っているわけではないだけに非常に複雑な心境です。
 
ところで、烏龍茶の品質の見極め方に関し続きを説明したいと思います。
今日は余り時間がないため、説明がしやすい「水色」に関して書きます。水色とは、お茶を淹れたときの色のことです。一般的にお茶の評価をする際には白い入れ物を用います。紫砂壺のように容器そのものがお茶の旨みを吸収する材質は、評価の障害となるため、瀬戸物系の材質が最適なのです。
お茶の評価には写真のようなポットを使います。これは、世界中何処へ行っても同じ物が使われており、プロが使う評価セットです。お茶3gを150ccのポットに入れ、熱湯を注ぎ5分間待つ・・・これが標準的な評価条件です。
20070126203907.jpg
20070126203855.jpg
5分経過したらポットを逆さにし、カップの上に放置します。こうすることで、最後の最後の1滴までお茶を出すことが出来ます。完全に茶葉からお茶を除いたら蓋を逆さにし、その上に茶葉を乗せ、茶葉も同時に評価します。
20070126203728.jpg
私が中国の大学でお茶の品質評価法を勉強した際、お茶を淹れたら真っ先に水色をチェックしなさいと教えられました。なぜか分かりますか?
お茶を淹れた後、水色は空気の酸化を受け、みるみる色が変化するためです。この現象は緑茶に顕著に見られます。その為、真っ先に色を評価することが必要なのです。
烏龍茶の品質評価をしようとしても、1品だけだと正直品質評価は難しいものです。通常複数のお茶を「比較」することで、良い悪いを判断するのが一般的な手法です。
水色に関して何を見るかと言うと、まずとても大切なのが「透明度」です。透明度は揉捻技術を反映しております。揉捻が適切に行われなかった場合、お茶の細胞が破壊され、細胞質まで水中に溶け出すため濁りのあるお茶になります。7煎目までも持続する味を出すためには、十分な揉捻が必要不可欠です。但し、使用する茶葉の品質が悪かったり、技術が未熟な場合、茶葉に割れが生じ、同時に、水色が濁ります。
次に文字通り「水色」、つまりお茶の色を評価します。どの色が良いのか、それはお茶の「あるべき姿」を知っていないと難しい問題です。例えば、日本の高級煎茶は透明度の高い、薄い黄緑色の水色です。緑色で底も見えないくらい濁る深蒸し茶とは水色が全く異なります。これとて同じ事で、煎茶の「あるべき姿」を知っていてこそ、良い悪いが判断できるのです。従って、専門書等を調べ、高品質茶の水色のあるべき色に関して十分な知識を持つことが必要なのです。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP