ガンの発生メカニズムを考える

[2007.03.30] Posted By

癌に関し、色々思うことがあります。
現在、癌に関する研究は沢山行われております。でも、殆どの研究は、

 
発生した癌を抑える。
食品や香辛料に含まれる抗ガン性の物質。
癌の転移を阻止する。
等々に注目しており、どう考えても癌を克服できるとは言えないレベルの話しです。

 
私が大学院の時は、アブラナ科の植物に含まれる物質が、癌の抑制に効果を示す・・・などと言う研究をしておりました。今でも「癌の研究」と聞くとついつい反応してしまいます。でも、自分がやっていた研究自体、ある意味、癌治療・予防という点では本当に意味があったのだろうか?と疑問に思います。癌は、自分の細胞が突然変異する病気です。それに対し、特定の食品を食べる・飲むだけで実質的な効果があるとは思えません。
私は常々、何故癌に罹る人と罹らない人がいるのか、と言う点に注目しております。
最近、NHKのあるテレビ番組を見ていたら、とても興味深い内容をやっておりました。
それは、日本人の研究者が免疫学で世界トップクラスの研究をしているという内容でした。誰が何の研究をしていると言うことは別に大意はないのですが、ポイントは以下の点です。

 
本来、癌が発生しても、免疫系が正常に機能していれば、癌細胞を非自己と認識し、攻撃するのでは?
非自己とは、つまり、「癌細胞は自分ではない」と判断されれば、体の持つ免疫力により、癌細胞は秩序的に排除されるはずなのです。しかし、問題は癌細胞が「自己」・・つまり自分の身体の一部と誤判断されてしまっていることから、癌は攻撃されず増え続けるのです。これはとても興味深い考え方です。

 
この考え方からすると、いわゆる癌の転移も説明が付きます。免疫が正常に機能していれば、癌は生じた瞬間に攻撃を受け、排除されます。ところが、一端免疫が機能しなくなった場合、癌は次々と発生し、あたかも転移しているように見えるのかもしれません?
よく聞く話:腸に癌があった→骨にもあった・肺にもあった・・・・これは転移なのでしょうか?或いは、癌を退治するべき免疫機能が低下したことで、至る所に癌が発生するのでしょうか?
癌の例の全く逆のパターンがアレルギーです。
本来、自分の身体なのに「非自己」、つまり自分ではないと見なしてしまうことから、自分自身を攻撃し発症するのがアレルギーです。もし免疫が正常に機能していれば、自己と非自己の区別がきちんと出来、アレルギーは生じないはずです。
これらの問題は免疫の仕組みをより深く研究することで、もしかしたら治療法が確立されるかも知れません。おかしくなった免疫機能を正常に戻すことが出来れば、一端発生した癌細胞が再び消え去るかも知れません。抗ガン剤治療により、体力・健康を失う必要もなくなるかも知れません。これまでの方法論では克服が不可能と言われていた癌ももしかしたら治るかも知れないかも・・・・・ふと希望を感じました。
新しい物の見方考え方で癌の研究に取り組むというのはとても大切だと思います。その為には個々の研究室が独自にバラバラと研究をするのではなく、自治体、大学、研究所等の大きな単位の元、結束することが大切です。その絶対条件として、各組織の長(リーダー)が力強い研究方針を示し、それに対して総合的に研究を行うという「体勢」が必要ではないかと思いました。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP