ダージリンファーストフラッシュの茶葉買い付け

[2007.04.05] Posted By

ダージリンのファーストフラッシュのサンプルが届きました。

荷物の封を開けた瞬間、甘い香りがふわっと感じられました。ダージリンの春を実感した気分になりました。

試飲をするにあたり、全ての茶葉を均一に計量し、同じ温度と量の湯を注ぐことで全ての比較条件を標準化しました。予想通り、花のような香りのフラワリーカップと甘いフルーティーな香りのフルーティカップの2種類に分かれました。
一つ残念だったのは、多くの茶園のお茶に煙り臭さが感じられたことです。これは、乾燥に用いる熱源が直火であることに由来しております。

日本の食品産業では普通熱交換機という物を使用することで、直接火やその排気が製品と触れない工夫がなされております。しかし、そのような設備はダージリンにはありません。特に難しい設備ではないのですが、とにかくありません。但し、近年では直火式ではある物の、ガスを燃やす方式に変更している茶園が多く見られ、製品の煙臭さに対する工夫も行われております。今回煙臭さが目立ったロットはおそらく旧式の設備で生産されたに違いありません。勿論、そのようなロットは試飲するまでもなくOUTです。

私はダージリンでのお茶の買い付けがあまり好きではありません。その理由は、ロット単位でしか売ってくれないためです。一ロットはその日に工場で生産される数量に基づいて設定されますが、通常は揉捻機:オーソドックスローリング装置の処理量 × 台数が一ロットの数量となります。どんなに良いお茶でも、あまりにロットが大きいと買うことが出来ません。ロットは大体100kg~150kgで構成されており、それを全て買い取るには、かなりの販売量が必要になります。勿論、私には無理です。来年はきっとロット買いできるだろうなと内心思いつつ、今年の分を確保するための方法論を考えなければなりませんでした。以前にもブログで説明したことがありますが、英語の構文 A lot ofは「沢山の」という意味ですが、その語源は、「ワンロットから成る」、つまり1ロット=沢山とうことなのです。

物凄く良いロットがあるのに、全量買うのは経営リスクが伴う・・・この悲しい状況を打破するためにはインド人に電話をかけるしかありません。
インド人曰く、ロットを全量買わないと駄目、それが駄目なら、別の茶園で妥協するようにと。そんなことが出来るはずもなく、その後1時間・・・さんざん説明し、脅し、褒めました。再度明日返事がもらえることになっております。

資本力さえあれば誰でも共通に良いロットが買えるダージリンティーは私のような高級茶専門ブランドにとっては強みが発揮しにくい分野です。最近では「早ければ早いほど高品質」という日本茶神話がダージリンにさえも浸透しております。因みに、日本茶でも初摘み茶=最高品質ではありません。ただ、日本人の初物好きの精神が、初摘み茶の値段を猛烈に押し上げているのです。

ダージリンの茶園で概して良い品質はやはり標高の高いセクションです。但し、そのセクションは必ずしも初摘みされるとは限りません。更に、萎凋を初めとする加工技術の優劣も品質には大きな影響を与えます。事実、私が試飲したお茶の場合、むしろDJ-10くらいの方が良い品質の茶園もありました。

にもかかわらず、日本の大手バイヤーは競って初物を買い占め、それを崇高な喜びとして感じております。DJ1、確かにそれは茶園で一番最初に収穫されたお茶であることは間違いありません。でも、ベストの品質は、20ロットくらいのサンプルを比較試飲することで初めて選び出されます。

 

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP