年配のお客さんと話をしていると、「むかし飲んだ日本茶が忘れられない」と言う話になることがあります。

1950年以降、10倍以上に増えた窒素肥料の使用量

実は1950年以前のお茶は今とは全く異なる方法で栽培されておりました。日本のお茶は高度経済成長と共に大きく変化しました。高度経済成長期はお茶に限らず、野菜や果物の需要が急激に伸び、増産をする為の手段として農薬や肥料を使った、いわゆる現代農業が急速に普及しました。

以下の資料を見ると1950年を境に生産方法が変化していることが分かります。この資料は農林水産省で発行している資料です。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/nenyu_koutou/n_kento/pdf/3siryo4.pdf

特に見て頂きたいのが6番の「茶園地における窒素過剰施肥の影響と対策」という内容です。
ポイントを抜粋すると

  1. 明治から昭和の初期にかけて肥料は年間10kg/10aだった。(1aは10m x 10m)
  2. 茶のうまみを追求するあまり1940年代後半いこう肥料の施肥量が急速に増加を始め、1950年代には120kg/10aに達した。つまり、昭和初期の12倍の使用量。
  3. 窒素施肥が茶園面積の1/6にあたるうね間に集中して長年投入され、土壌劣化と水質汚染 をもたらしている。

窒素肥料を使うようになったことで蓄積されるアミノ酸

高度経済成長期には国内の需要が急激に増加し、お茶の生産量を増やすために国策として窒素肥料が大量に使われるようになりました。
そうなると当然お茶の品質も激変します。低肥料で作られたお茶特有のコクのある後味と透き通るような香りから、あっさり味、アミノ酸特有の香り、まったり感のあるお茶へと変化しました。

お茶に含まれるテアニンが京都の酒戸氏によって発見されたのは1950年のことですので、アミノ酸含量が意識されるようになったのは、1950年代以降のことです。
それまではテアニンという物質は誰も知らなかったわけです。なお、アミノ酸の味は旨味と呼ばれますが、旨味=美味しさではありません。グルタミン酸ナトリウムに代表されるアミノ酸特有の味自体を旨味と呼びます。

窒素肥料を使って栽培されたお茶

 

1950年以降に劇的に変化した日本茶の標準

私はお茶業界は1950年以降、以下の変化をしたと見ております。

  1. 窒素肥料を大量消費してお茶を栽培するのが普通になった1950年代以降お茶の品質は確実に変化した。
  2. 窒素肥料が激増したため茶葉にはテアニンが大量蓄積されるようになった。
  3. 1950年以降、テアニンが日本茶の高品質の証と言われるようになった。
  4. アミノ酸は火を入れると特有の香りが出ることから、お茶に強く火をいれるようになった。
  5. アミノ酸が出やすいように極端に低い温度でいれることを推奨するようになり、今ではデファクトスタンダードとなった。

お茶が好きな人にはコクのある味と深い香りがするお茶が好まれる

当然、1950年以前のお茶を好んでいた人には、現在のアミノ酸リッチなお茶では満足できません。
窒素肥料を大量施肥して作られたアミノ酸リッチな煎茶は1つの個性だとおもいます。ただしそれが品質の規準というのはどうも納得できません。

海外では高級茶栽培に窒素肥料は使われない

インド、中国、台湾で超高品質のお茶を作る農家や生産会社は決して窒素肥料を入れません。
一方、低品質〜中くらいの品質を生産する場合、日本と同じく大量の窒素肥料が用いられます。
龍井茶、君山銀針、鳳凰単叢烏龍、鉄観音、梨山茶等、高品質のお茶になると窒素肥料を与えずに栽培され、輸出用のような低いグレードは肥料が大量に用いられます。

ようするに高級なお茶は窒素肥料で成長を加速するのではなく、自然に近い状態でゆっくりと栽培することが重要視されております。

むかし飲んだお茶が忘れられないという人には、自然栽培で作られた煎茶、宇治煎茶 鷲峰山、春日在来煎茶、月ヶ瀬在来煎茶などをお勧めすると大変喜んで頂けます。ただし、これらのお茶はアミノ酸がほとんど入っていないため、高温(90-95℃)にて短時間(数秒〜10秒以内)で淹れる事が重要です。

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

PAGETOP