キャメロンでお茶研修

[2007.05.29] Posted By

社員の研修のため、日帰りでキャメロンハイランドへ

今回の生徒は18歳のシンディです。(以降18歳と呼びます)
彼女はHOJO MALAYSIAのスタッフの中でも最年少で、最も落ち着きがありません。
但し、彼女なりに一生懸命勉強しているため、今回は現場にてより実践的な教育を行うべく、キャメロンを目指しました。
今回の旅は彼女の他に、教育係のライさんも同行しました。ライさんはマレーシアの実務の責任者で私の右腕です。

因みに、18歳の故郷はペナンです。彼女は私の知り合いの紹介で採用し、今年の2月からHOJO TEAで働いております。ハタマスのショッピングセンターの近所に会社でマンションを借り上げ、そこに住んでおります。
これまでまとまった休みがなく、ペナンに帰れずややホームシック気味になっていた事もあり、今回のキャメロン研修の後、18歳には4日に及ぶ休暇を許可しました。

KLを出たのは、朝の8時、18歳は興奮のあまり全然寝られなかったようです。たったの数日間の帰郷にも関わらずまるでジプシーのように大量の荷物を抱え現れました。
キャメロンハイランドへ行くには、North Southハイウェイを北に向かって2時間走り、イポーの手前のシンパン プーライというインターチェンジで降ります。以前はタパというインターがキャメロンハイランドへの入り口だったのですが、新しい道路が出来たため、シンパン プーライがキャメロンハイランドへの起点となりました。

キャメロンハイランドへの道は非常に簡単です。シンパンプーライで降り、一つ目の信号を右に曲がり、その直後の交差点を再び右に曲がったら、後は1本道です。
道はジャングルの間を曲がりくねりながら上へ上へと登っていきます。
多くの人がひたすら走り抜けてしまう山道ですが、その道中には「胸ときめく」様々な面白い出会いがあります。

道中で湧き水を調達

まず、私たちが停車したのは、岩の間から湧き水が出ているポイントでした。
イポーはスズの鉱山で発展した町ですが、同時に地質の多くが石灰岩で出来ており、それらの岩石が天然のフィルターとして機能している事から、湧き水は極めて美味しいとされております。
ただ、地質が石灰質なので、もしかすると水の硬度はやや高めのような気もします。
勿論、18歳は素通りしません。「お父さんに美味しい水を飲ませたい」と言い、張り切って水をくみに行きました。
美味しい水と言われている割には、水が湧き出ているところは、なんとセメントで塗り固められた壁でした!
そこには既に先客がおり、彼らは何十本ものガロンボトルに大量の水をくみ入れておりました。おそらく、水を販売しているか、何らかの形で商売に利用しているのだと思います。
h3>野生のトロピカルフルーツがたわわに
18歳が張り切って水をくんでいる最中、ふと反対側を見ると、野生の果物がたわわになっているのが目に付きました。
黄色の実だったのですが、熟した実は赤色になっており、明らかに「美味しそう」に見えました。
18歳は、直感で行動する生き物です。いきなり、ワインフルーツだ!と言っても食べようとしました。「ワインフルーツってなんだよ?」と思いつつ私も一緒になってはしゃいでおりました。
しかし・・・すかさず教育係のライさんは、「何でも口に入れては駄目ですよ!」と18歳を制止しました。その言葉に、18歳だけでなく、もう少しで実を食べようとしていた私も「は!」と我に返りました。でも、どう見ても美味しそうな野生のフルーツ・・・食べられなくて未だに後悔しております。
珍キャメロン物語は今後数回にわたり続きます・・・

IMG_7418.jpg
後ろ姿は意気揚々と水を汲みに行く18歳。水はコンクリートの岸壁から湧き出ております。
IMG_7423.jpg
おっちゃん達に混ざって水汲みをしております。

 

IMG_7428.jpg
薄汚れた水筒に水をたっぷり汲み取り、妙に嬉しそうな18歳です。「飲んでみますか?」の問いに、ライさんは即答でNO!と言いました。私?私は水よりも18歳の水筒の衛生状態の方が心配で、飲みませんでした。

IMG_7425.jpg
キャメロンハイランドへ続く道。道幅は非常に広く走りやすいです。両側は天然のジャングルに囲まれており、注意次第で様々な面白い物に出会う事が出来ます。

IMG_7431.jpg
18歳がワインフルーツと呼ぶ、野生の果物。(注):ワインフルーツは実在しない果物です。

IMG_7429.jpg

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP