珍キャメロン物語 3話

[2007.05.31] Posted By

私たちが発見した物とは・・・?!

なんと蘭の撮影をした反対側に、巨大な野生イチジクの木があったのです!
木には真っ赤なイチジクがたわわになり、まさに今が食べ頃と言わんばかりに熟しておりました。
熟したイチジクが放つ甘い香りは、蜜のようで、反対側にいた私たちは虫のように果実に引き寄せられていきました。
もう欄の撮影どころではありません。私はイチジク狩りに没頭しました。
18歳にカメラを託し、イチジクの木によじ登ろうとしたその時・・・!!
「痛!」と声をあげました。(痛!の瞬間は写真をご覧ください。)
何と、熟したイチジクの実が木の周りに沢山落ちており、それを目当てに、超危険な赤蟻が群がっていたのです。
私はイチジクばかりを見ていたため蟻に気づかず、思わず蟻のど真ん中に足を踏み入れていたのでした。
私の体は一瞬にして10匹近い蟻に噛まれ、体中に痛みが走りました。
蟻のサイズは1cmほどあり、叩いても一旦噛み付いたら離してくれません。潰しても、頭だけになっても、噛み付いたまま離れようとしません。
ジーンズをはいていたため、中にまで入り込んできました。
その為、作戦を変えました。長い木の枝でイチジクをたたき落とす事にしました。
それでも、蟻は次から次へと襲ってきました。
そこで、代わりに18歳に突撃するように指令を出したのですが、18歳は一歩踏み込んだ瞬間、蟻に噛まれ、キャーキャーとはしゃいでおりました。
ライさん?彼女は冷静です。決して危険な場所には近づこうとせず、私たちを安全な場所から見ておりました。
そして・・・
「痛い犠牲」の後、数個の完熟イチジクを収穫したのでした。
安全な場所にて写真を撮り、試食を行いました。
感想は・・
美味しいのですが、日本のイチジクの方が数倍美味しいです。見た目はマレーシアのイチジクの方が美味しそうなんですが。
寒暖の差が少ないマレーシアのトロピカルイチジクの場合、甘さが少なく、やや物足りませんでした。
でも、野生のイチジクを食べる事が出来、とても満足な気分になりました。と言うか・・・蟻との激闘の後にイチジクを手にしたときは、妙に達成感がありました。
続く・・・

IMG_7443.jpg
私がちが発見したイチジクは本当に大木でした。
IMG_7445.jpg
私の長いマレーシア生活の中でも、これ程大きく、美味しそうな野生のイチジクは見た事がありません。野生のイチジクはSoft Figと呼ばれ川に近い場所によく見られるそうです。

IMG_7447.jpg

IMG_7446.jpg
私は18歳にカメラを渡し、イチジクを採っているところを写真におさめるよう指示しました。ところが・・・。彼女がシャッターを押した時、それは私は蟻の総攻撃を受けたまさにその瞬間だったのです。真ん中にぼんやり見える赤い物体は、私が落としたイチジクです。痛さのあまり、イチジクに全然目がいっておりません。

IMG_7450.jpg
見て下さい!この美味しそうなイチジク・・・柔らかく、香りはまるで蜜のようでした。

IMG_7454.jpg
見た目の割に甘くなかったのが残念でした。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP