マレーシアペナン州のワイルドな川魚料理

[2007.06.20] Posted By

マレーシアには沢山の川魚料理屋があります。一般に食べることが出来る魚ははナマズや、鮫とナマズの中間のような魚:パティンフィッシュ、日本でも外来魚でお馴染みのテラピア等です。但し、マレーシアの水はあまり透明度が無く濁った感じの色をしているためか、泥臭さが気になります。

この臭みを消すため、川魚料理屋では様々なスパイスやハーブ、主には、ジンジャー、ガーリック、コリアンダー、セロリ、ガランガ、レモングラス、カフェライムリーフ、胡椒等が用いられます。

でも・・・

元の魚自体が臭う場合、幾ら色んなスパイスやハーブを用いても臭みの本体は消すことが出来ません。そうなると結局、仄かに泥臭さがし、料理に満足することが出来ません。

それに対し、この秘境川魚料理屋は全くアプローチの仕方が異なります。そもそも、魚の養殖と卸売りを本職としてる店なので、魚の処理の仕方を良く心得ております。

まず、魚は店のご主人が投網等を用いて養殖の池から捕獲します。この状態では、泥臭くて使えないため、料理屋の隣を流れる小川に一旦放し、数日間かけて泥抜きをするのです。

余談ですが、私の実家の有る長野県では正月の魚として鯉を食べる習慣があります。最近では鯉を丸ごと購入する事は希ですが、私が子供の頃は生きた鯉が店で売られており、それを家に持ち帰るのはごく当たり前でした。やはり数日間、きれいな水で泳がせることで泥臭さが無くなりました。

川魚料理をする際、泥抜きは必須条件です。ただ、このような処理が出来るお店は、マレーシア広しと言えど限られております。魚を自ら養殖しており、更に、近所に水のきれいな川があることが条件です。

さて、私たちは掘っ建て小屋の下に設置された、極めてワイルドなテーブルに着きました。この店は超田舎地帯にもかかわらず、オーナーのおばちゃんが英語で話してくれるためとても助かります。私はその昔良く通っていたため、未だに覚えてくれており、「Well,I want…」と言いかけた瞬間に、「ああいつものやつね?」と言って、次々とメニューを書いてくれました。

このおばちゃん、こんな秘境地帯で商売をしているものの相当に儲かっているらしく、毎朝メンバー制のトレーニングジムに通いエクササイズをしているのだと言っておりました。

因みに、私が必ずオーダーするアイテムは、パティンフッシュとテラピア、そして野菜です。これら3品は絶対に欠く事の出来ない絶品料理です。

パティンフッシュは一件巨大なマズのような外観をしております。但し、ナマズのようにゼラチン質ではなく、白身で実の骨離れも良く、揚げても蒸しても美味しい魚です。

通常、4人程度で行くと50cm位のサイズを調理してくれます。このサイズだと大きすぎるため、半分は「揚げ」、そして残りの半分は「蒸し」にして貰います。こうすることで、一つの魚を2通りの調理法で楽しむことが出来ます。

因みに値段は、「1匹幾ら」という形で課金されます。その為、どの様に調理して貰おうと値段は一緒なのです。

テラピアは日本では害魚として嫌われている魚です。でも、実に美味しい魚です。小骨が多いので素揚げにし、それをタイ風に和えて貰いました。どれもとても美味しく、普段極めて小食なライさんとパトリシアさん・・・何とご飯をお代わりしておりました。

ふと気がつけばどの魚も骨だけになり、皆大満足でした。これだけ食べても、値段はRM70(2000円ちょっと)でした。これだけ大きな魚を2匹も調理してこの値段はとても安いです。

因みに、この場所ですが、魚がテーブルに運ばれてくると、大量のハエがどこからともなく寄ってきます。店ではハエよけのためロウソクをともしております。本当に極めてワイルドな店です。

こんな雰囲気の凄くオープンなところで食べます。左がパトリシアさん、右がライさんです。

まずパティンフッシュの上半身?が出てきました。これは丸揚げにした後、醤油ベースの甘辛いタレで和えてあります。パリっとした皮の部分と、ほんわりとして柔らかい身のコントラストが最高です。

IMG_7958.jpg
続いて、下半身?部分が出てきました。こちらは蒸されており、柔らかく、プルプルしていてとても美味しいです。

一匹の魚で2つの料理を楽しむことが出来最高です。

IMG_7952.jpg
これがテラピアです。姿のまま唐揚げにされております。このタイ風の甘酸っぱいタレ・・・ご飯が進みます。

IMG_7960.jpg
3人の食卓は、こんな感じでした。真ん中にあるのがハエよけのロウソクです。

 

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP