秘境川魚食堂は果物の宝庫

[2007.06.21] Posted By

秘境川魚料理屋の続きです。

この料理屋、前回のブログでも説明しましたが、本業は川魚の養殖です。
このお店がある場所は川が豊富で、その水を利用して沢山の池を作り、そこで魚の養殖を行っております。
魚の種類は多種類にわたり、中にはニシキゴイなどもおります。ニシキゴイを見たマレーシア人は口々に、これは「日本の高い魚だ」と必ず言います。どのニシキゴイも高いわけではないと思うのですが、ニシキゴイ=高いというイメージが定着しているようです。
珍しい魚としては、肺魚らしき魚がおります。肺魚と言えば、シーラカンスと並んで生きた化石と言われる魚です。ただ、見た目は肺魚っぽいのですが、本当に肺魚かどうかは不明です。
これらの養魚施設は大自然のど真ん中に設置されており、料理屋で魚を食べ終わった人々は、真っ直ぐに車に戻らず、池の周りを散策するのが一般的です。
池の周りには、ドリアン、パイナップル、パパイヤ、マンゴ、チュンブダ、ランブータン、その他数え切れない種類のスパイス、ハーブ、果物が植えられており、有る意味ミニ熱帯果物園状態です。
更に!

運がよいと、料理屋の親父が投網やタモ網で魚を捕獲しているシーンを見ることが出来ます。

親父は黙々と魚を捕獲しますが、何しろ魚が大きいため見ていてとても迫力があります。
特に運が良いと、パティンフィッシュの捕獲作業を見ることが出来ます。中には1m近いサイズの魚もおり、その作業はまさに、「ランボー」状態です。
これらの捕獲された魚は、小売業者へ卸したり、各料理屋へ販売したり、自分の料理屋で調理するように、キッチン横の小川に放したりするようです。
ただ食事をするだけではなく、様々なアトラクションがあり、秘境川魚料理やには何度行っても飽きません。是非、皆さんにもお勧めしたいところなのですが、超山の中なので自力で辿り着くのは極めて不可能かもしれません。

IMG_7942.jpg
店の横には川があります。この川の水を引き入れることで、養魚施設を維持管理しております。この日は雨の後だったため水が濁っておりました。

IMG_7938.jpg

 

IMG_7937.jpg
チュンブダの木です。この果物は独特の臭みがあり、マレーシアでは主にカレーにしたり、チュンブダゴレンと言う、天ぷらみたいな状態にして食べます。

IMG_8024.jpg

IMG_7944.jpg
ランブータンの若い実です。葉の形と良い、実の形状と言い、栗にそっくりです。

IMG_8025.jpg
果物の王様ドリアン:6月の今が一番食べ頃です。
IMG_7995.jpg

IMG_8028.jpg

IMG_8022.jpg

 

IMG_7969.jpg

IMG_7977.jpg
この魚は日本にはいない類の魚です。身が柔らかく、値段が結構する魚です。

IMG_8008.jpg

IMG_7988.jpg
魚をドラムにいれ、輸送しておりました。

IMG_8007.jpg
池の周りには大量の犬が飼われておりました。親父が魚を捕まえに行くと、皆喜んで後をついて歩いておりました。何故犬が沢山いるかって?それは魚を狙って集まってくるニャンコを初めとする珍獣対策だそうです。

 

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP