• ホーム >
  • アジアでの起業とビジネス運営

ショッピングセンターの成功と失敗

[2007.06.24] Posted By

今日は土曜日と言うこともあり、各店舗をまわり、販売指導をしておりました。

自分自身が店頭に立っていた事、また、渋滞の中の移動が相次いだため、とても疲れました。
にもかかわらず・・・
何故週末になるとこうもうるさいのでしょう?私の家は自動車専用道路に面しているのですが、週末になるとマレー人の若者のバイク集団が走り回り、うるさくて仕方がありません。あれは完全に暴走族です。
更に、猛烈に改造を加えられた、スポーツカーもバンバン走り抜けていきます。フェラーリ、ポルシェ、ランエボ、インプレッサWRX、スカイラインGT-R、日本では考えられないほど改造が加えられており、騒音たるやまるでサーカスのようです。

これら車の持ち主は何故か決まって、マレー人です。主には政治家やその腰巾着の息子達と思われます。

 

騒音にもめげず、ショッピングセンターの続きです。

マレーシアのショッピングセンターで今年最大の投資と言えば、2つ有ります。その一つが、ビンタン通りのど真ん中に建設中のパビリオン。9月の20日オープン予定です。

このショッピングセンターの投資家は「政治家」だそうです。マレーシアでは政治家=お金持ち、大臣=大金持ち、総理大臣=超金持ちなのです。その理由はあえて説明しません。

このパビリオンですが、KLCCを目標にしており、テナントの中心がインターナショナルブランド(プラダ、カルティエ、フェラガモ、ブルガリ等)で占められております。

但し、まわりの評価は意外にクールです。マレーシアの経済状態は、全体に向上していると見られておりますが、やはりヨーロッパの高級ブランドのショッピングを楽しめる層はかなり限定されます。更に、それらの高級ブランドは既にKLCCに存在しているため、あえて、新しい場所に買い物に行く必要が有るかどうかと言う点に関し非常に微妙です。

また、近年、土地バブルがはじけることも予想され、極端に高級志向のショッピングセンターが長い目でどの程度のパフォーマンスを発揮するか、疑問が多いのが実情です。私も実は出店のチャンスがあったのですが、今回は見送りました。
次に、9月の26日にオープン予定のThe Gardens。これはミッドバレーにてオープンします。投資家はIGBというシンガポールの巨大資本です。これまでマレーシアで小売業がもっとも利益を上げているショッピングセンターと言えば、間違いなくミッドバレーでした。

但し、既存のミッドバレーは、高級店から安い店までが全て入り交じっております。その点で、今一、外国人の目からするとスッキリしませんでした。

ところがこのミッドバレーに新規開店するThe Gardensは、既存のミッドバレーとは全く異なるコンセプトが導入され、高級志向のショッピングセンターとして開店します。それ故、「新館」という呼び方をせず、The Gardensと命名したのだそうです。アンカーテナント(目玉となるお店)として伊勢丹とシンガポールのデパート:ロビンソンが入店します。更に、厳選に厳選を重ね選ばれた各テナントには極めて難しい要求が出店条件として与えられております。


私の店、HOJO TEAはこのThe Gardensの3階に開店することになっております。3階というとやや上過ぎるのでは?と言う不安もありますが、ありとあらゆる食堂、レストランが集まっているフロアーで、更に私の店はエスカレーターの真横なので、「大丈夫だろう。いや大丈夫だ!でも、大丈夫かなあ?」と複雑な心境です。
続く・・・

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP