新聞社主催の月餅試食会で絶賛されたお茶とは?

[2007.09.06] Posted By

今日はニューストレイトタイムズというマレーシアを代表する新聞社で月餅の試食会があり、そのイベントに「付録のお茶屋」として招待されました。

スーツケースにモバイルお茶道具を全て入れ、新聞社に行きました。新聞社にて、お茶の道具を全て一式準備し、審査員の到着を待ちました。

審査員は、テレビでも有名な「料理おばさん」、有名なライター、新聞社の上級記者でした

私は自分の立場が良く分からないのですが、何しろ、今回声をかけてくれたおばさんは、新聞社でも極めてボジションが高く、しかも、うちの店の記事を書いてくれている最中なだけに、二つ返事でやってきたのでした。

一応、カメラマンがお茶の写真も撮ってくれたので、多少なりとも紙面に載ることを祈っております。

今回の試食会では、マレーシアのクアラルンプールを代表する3つの高級ホテルから入手した月餅を、ホテル名を隠した上で試食するという企画でした。私は出された月餅の特徴を見ながらそれにあったお茶を出していきました。

そして、勿論、まわりの人々が真剣に評価を行っている横で、一人、楽しみながら私の分の分け前を頂戴しました。

さすがに、ホテル製ともなると、月餅もとても美味しく、自宅で食べているRM10の月餅とは比較にならないほど素晴らしい品質でした。特に、今回は伝統タイプに加え、モダンタイプと称して、中にテラミスが入っていたり、ドリアンを加工した物、ツバメの巣を加工した物など、月餅と言うよりケーキというに相応しい製品も沢山ありました。

月餅を出した際には、主に烏龍茶を中心に出しました。皆さん、極めて喜んでくださったのですが、その中でも特に月餅にピッタリだったのは、凍頂烏龍炭焙と鳳凰単叢 蜜蘭香でした。甘いお菓子には発酵度の高いお茶の方が良く合います。

モダンタイプの月餅を出した際、本山煎茶も淹れてあげました。私としては、「失敗したな・・」と思いました。と言うのも、まったりと甘い月餅に、まったりと甘い煎茶の味は、お互いに競合してしまい、また、月餅を食べた後の日本茶は生臭い感じがして、私は適していないと思いました。

ところが、おばさん達は絶賛でした。中でも、料理おばさんは「日本茶が月餅にこんなに合うなんて、驚きの発見だわ。」と言って、茶殻までもぐもぐと食べておりました。

今回の活動は半ばボランティアですが、新聞社とのパイプが出来たことは良かったと思います。また、今回の記事がどの程度の物になるかは分かりませんが、少しでも紙面に出てくれたら嬉しくおもいます。

因みに、今日食べた月餅は、ヒルトンホテル、シャングリラホテル、マンダリンオリエンタルホテル製でした。私が食べた感じでは、シャングリラホテル製が一番でした。

帰り際、お土産と言って、余った月餅を貰いました。あとで、美味しいお茶と一緒に戴こうと思います。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP