アジアの南部鉄器事情

[2008.07.08] Posted By

現在日本に戻っております。
予定していた雲南省行きは、マレーシアに戻る途中に変更しました。おそらく、今月の末から来月の上旬にかけて行くことになりそうです。
実は先日東北地方へ行って来ました。
マレーシアで販売している南部鉄瓶ですが、店の認知度の上昇に伴い、最近は引き合いも多くなりました。
そこで実際に産地を訪れて鉄瓶の作り方・作り手を良く理解したいと思い、遙々岩手県まで行って来ました。
日本での需要はやや減少傾向と思われる鉄瓶需要ですが、逆に海外での需要が増えております。
これまで鉄瓶はお茶マニアの間では憧れの茶器として位置づけられておりました。
お茶愛好家の間では、鉄瓶の極めて顕著な水質改変により、お茶の味が円やかになる事は知識としてはよく知られておりました。
元々水の味が美味しくないアジア地域では、水にこだわり、より美味しくお茶を飲みたいと思うお客さんが多く、その為に「いつかは鉄瓶」という思いがあるのです。
但し、これまで海外で販売されていた鉄瓶には極めて偏りがありました。
まず、南部鉄器を生型による合理的な大量生産をしている「岩鋳」という会社がありますが、この会社の優れたマーケティング戦略により、海外では鉄器=岩鋳と信じられているくらい岩鋳は名声を確立しておりました。
「南部鉄器をおもちですか?」とお客さんに聞くと、「私は南部鉄器は持っておりませんが、岩鋳を持っております。」と返答されるくらいです。勿論、岩鋳も南部鉄器なのですが。ただ、岩鋳製の鉄瓶の場合、内部をホーロー仕上げにしているため、水に対する効果はまったくありません。
次に、海外で多く見かける鉄瓶には、京都・近江スタイルの豪華な彫り物・象嵌や蝋型による立体的で派手な装飾ものが多いようです。それら鉄瓶の殆どが亀文堂や龍文堂などの古い骨董物が多く、全てが台湾の業者から輸入されております。
台湾の業者は日本製の骨董品の価値にいち早く気がつきました。このため、早くより、日本の骨董品店やオークションで古い鉄瓶を買い集め、それを再生することで高値にて販売しております。マレーシアで売られている亀文堂の鉄瓶などは30万円近くする物もあります。Yahooオークションなどを見ていると、信じられないくらい悪いコンディションの鉄瓶も良い値段で落札されております。これら取引の多くが再加工を前提とした、台湾の業者もしくは、国内のパートナーによるのではないかと推察されます。
私は基本的に新品の鉄瓶を取り扱い、幅広い値段帯の商品を提供したいと考えておりました。
このため、今回の出張では、日本を代表する老舗から合理的手法により半工業的に鉄瓶の製作をしている業者まで、数社を訪問しました。
つづく
IMG_3338.jpg

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP