鉄瓶の分類;手作りと量産品、盛岡と山形の違い

[2008.07.14] Posted By

IMG_3199.jpg

鉄瓶と一言で言っても様々な種類があります。鉄瓶=南部鉄器と思われがちですが、鉄瓶を生産しているのは南部=岩手県だけではありません。
日本では、関西地方(京都・大阪・滋賀)、山形、盛岡、水沢で鉄瓶の生産が行われており、それぞれにデザインも製法も異なります。
因みに、盛岡は旧南部藩に属し、それゆえに南部鉄器と呼ばれてきました。それに対し、水沢は同じ岩手県でも仙台の伊達藩に属していたことから、異なる流れを持ちます。ただし、近年では盛岡及び水沢の両方を併せどちらも南部鉄器として伝統工芸品に指定されております。山形の鉄器も同じく伝統工芸品として指定されておりますが、知名度は南部鉄器ほど高くありません。

同じ南部鉄器でも2つの作り方がある

鉄瓶には数種類の作り方があり、作り方により仕上がり方も異なります。鉄瓶は鋳物ゆえ、鋳型に鉄を流し込む鋳造により製作されます。ただ、鋳型の作り方により模様がシャープに現れたり、逆にぼやけた感じになったりもします。

量産品は生型

最も安価な方は生型と呼ばれ、砂に結着剤を入れ、それをアルミ等の型でプレスして鋳型を作ります。この方法だと、何度となく繰り返し生産が出来ることから大量生産に向いており、1万円以下の鉄瓶の殆ど箱の作り方で作られます。また、フライパンやすき焼き鍋等の台所用調理器具もこの方法で製作されます。

手作り品は焼型

南部鉄器でも手作りといわれるものになると、焼型という方法にで鋳型が作られます。焼き型は、粘土状の型に一つ一つ手作業により模様を付けていきます。更に、この型を素焼きにし、そこへ鉄を流し込むイメージです。この型は、再利用出来る場合と、部分的に手を加えれば再利用が可能な場合、あるいはデザインが極めて繊細、又は複雑な場合、一個の型に対し一つの製品しかできない場合があります。同じ型を数回使い回せる場合、製品の値段は安価になり、逆に一品物になると最低10万円くらいの値段になります。
同じ型を複数回使い回す為には、デザインがシンプルで鉄瓶を型から抜いた際に、型にダメージが加わらないことが重要です。但し、一番最初に鋳造した鉄瓶はより模様がシャープに現れ、鋳造を繰り返すに従って模様は微妙にぼけてきます。このため、型を数回使用する場合一番目の製品と4番目の製品とでは紋様の質感に差が生じます。

山形の鉄瓶は金型

山形鉄器の場合、生型に類似した製法ですが、金型と呼ばれる型により製品の型を取り、それを固める乾燥型という手法が用いられます。やはり、焼き型と比べると、模様が多少ボケ気味になりますが、安価なコストでまあまあの仕上がりの製品を量産出来るという点で優れております。尚、山形の場合も高級鉄瓶となると焼型が用いられます。この点では南部鉄器とまったく一緒です。

焼型による一品物の山形鉄瓶
IMG_3167.jpg
鋳型:鉄瓶の底の部分

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP