野生の山椒採り

[2008.08.16] Posted By

鉄瓶の英語サイトを作成していた際、漆の説明の箇所がありました。
漆は鉄瓶の内外をコーティングするための大切な材料であり、きちんと説明しなければなりません。
でも、漆を和英辞書で調べると、英語では「ラッカー」となっております。
ラッカーというと、いわゆる、合成品のラッカーと混同され、外国人からすると、漆=合成樹脂と勘違いされてしまいます。
そこで、近所の山に漆の写真を撮りに行ってきました。ここ長野は山が豊富で、私の家から数分で山があります。
私は子供の頃から山菜採り、キノコ採り、渓流釣りが大好きなアウトドア少年というより、狩猟少年だったのですが、常に恐れていたのが他でもない漆の木でした。
漆の木は枝が赤色をしており、葉が放射状に広がっていることから意識していれば一目で分かります。でも狩猟・採集中だとついつい無意識に触ってしまい、その後、手足顔のかぶれに悩まされるのでした。
伝統工芸で使われる漆の木は、全く同じ品種かどうかは定かではありませんが、木の特徴等を写真見る限り、かなり近い品種であることは確かです。
漆の木は一旦木が切り払われブッシュ地帯になったような日当たりのよい場所に好んで自生しております。ただ、なかなか大きな漆の木を探し出すのは困難で、今回写真撮影出来た漆の木も随分小さなサイズでした。
blog1.jpg
漆の木
blog2.jpg
漆の木を撮影しようと山に入ったところ、様々な山菜類が目に入りました。
特に私が好きなのは「こしあぶら」と呼ばれる山菜です。これはタラの芽ににておりますが、味はタラの芽とウドを足して二で割ったような感じで香が特徴的でとても美味しい山菜です。タラの芽と異なり、木にトゲがないためこしあぶらの木を見分けるには「慣れ」が必用です。夏に見ると、葉が大きく育っており、逆に見つけやすい気がしました。場所を覚えておいて、春にリベンジをしなければなりません。
blog6.jpg

こしあぶらの木。5月の上旬が旬です。
近所の山には野生の山椒の木が大量に生えておりました。
山椒の木って日本であれば何処にでもあるのでしょうか?
他の地域のことは良く分からないのですが、うちの周りには大量にあります。
山椒には、実のなる木とならない木があるため、実が欲しい場合は山を暫く歩き回り探しまわります。
中華料理でも四川料理でよく利用されますが、四川料理の場合花椒といって、花の部分が利用されることが多いようです。
花の部分は実よりも原価が安いため、欲を言えば実のほうが良いのだと思います。
私が以前努めていた香辛料会社でも山椒を扱っておりました。私は粉砕工程とかの設計をし、試運転等に何度か立ち会いましたが、それはそれは「痛い」仕事でした。
私は個人的に春先の若芽が大好きです。みそ汁や煮物にいれると良いアクセントになります。
若芽は実程辛くなく、また、青々強い香りがあるため、みそ汁にいれたり、煮物などのアクセントに適しております。
私の地元では五平餅を作るのですが、その味噌には山椒は絶対に欠かせません。味噌に葉をすり込んだ場合、実を使用した場合と異なり辛みが抑えられるため、相対的に沢山の山椒を入れることが出来、香りが抜群です。
早速、我が家の息子を動員して山椒の実を採りに行きました。
今の家に沢山採り、冷凍しておけば一年中使えます。
また、もしかして採れすぎた場合は→佃煮になります!
因みに、適当に作った麻婆豆腐に新鮮な山椒を入れると、瞬時に本格麻婆豆腐に早変わりするのです。
blog3.jpg

こちらは実がならないタイプの山椒
blog4.jpg

丁度食べ頃の実がなっておりました。
blog5.jpg

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP