マレーシアの陶芸家

[2009.02.20] Posted By

今日はマレーシアの陶芸家が店にやってきました。
事前に約束した上で来てくれただけにかなり真剣でした。
サラワク州出身の作家なので、陶歴30年だそうです。
一見すると信楽の土に非常に近い土を使っており、皿、茶碗、急須などを製作しているそうです。
この作家の面白いところは、土は100%天然物を使用しており、日本のように合成の土は一切使用していないこと。
また、全ての作品が「登り窯」、つまり、上り坂に沿って設置された伝統的な木の窯で焼かれており、炎や灰が織りなす自然釉が美しく仕上がっておりました。
登り窯の場合、窯内部の温度分布が不均一であり、また、火の管理がとても難しいことから、作品の成功率がとても低く、極めて低歩留まりで知られております。1個の作品を作るのに、10個の作品を犠牲にしているかもしれません。
ただ、作風がやや日本を意識しすぎている傾向があり、その点がやや気になりました。
あまり日本風になりすぎると個性が無くなり、魅力が薄れます。
登り窯である限り、火は完全燃焼ではないため、大方還元気味の焼成となります。
このため、土に含まれるミネラルは還元され、お茶に対しても独特の影響を与えます。
登り窯の場合、焼成温度もかなり高温と推察することが出来ます。およそ、1200-1300℃程度の温度で焼きしめられることから、表面が収縮し、高い表面積を有します。もっとも、土の色合いからして、鉄分の含有量が低いことが推察されます。
お茶を入れて飲んでみたところ、ちょうど、信楽、備前や常滑・万古の藻がけ急須に使われる白泥と非常に近い味がしました。
お茶の味のバランスとしては、佐渡の朱泥にはかないませんが、個性ある味が感じられました。
作家は私の店で販売することを願っておられましたが、Made in Malaysiaでも登り窯なだけに安くありません。
日本の急須にかなり近い値段がしており、それだけに日本風ではなく個性と使い勝手を重視した作品を作って欲しいとお願いしました。
また、サラワク州には鉄分を極めて多く含む土があるらしく、紫泥に近い特徴を有するそうです。
マレーシア国内で産出される鉄分の多い天然の土も面白いテーマです。
面白い作品ではある物の、マレーシアのマーケットで販売することは容易ではないと感じました。
現在海外向けのWEBショップ構築を計画しておりますが、その中で紹介していけたらよいと思いました。
mix.jpg
tea cup
teapot.jpg
teapot2.jpg

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP