山菜とECO?

[2009.04.22] Posted By
山菜前線がやってきました。

私は採集が大好きなだけに落ち着きません。
昨日も山に入り、タラの芽、コシアブラ、ワラビ等々を採ってきました。
最近は私の近所に産直市場という名の店がそこら中に出店されており、地域内に住むのおじさん、おばさんが持ち込んだ野菜や果物を委託販売しております。
もちろんこの季節になると、山菜が並ぶわけですが、そこには弊害も生じております。
昔は山菜採りと言えば、自分で食べる分、多くても親戚に配る分程度でした。
タラの芽などは、芽を2回摘んでも、再び芽を出芽しますが、3回目に摘んでしまうと、その芽はだめになってしまうと言われ、過度に摘むことを慎み、翌年のために芽を残した物でした。
私はそのような山菜の英才教育を受けているため、常に翌年のことを思い、また、木が傷まないように配慮しつつ山菜を摘むようにしております。
ところが、前述した産直市場の出現により、そこに山菜を出荷し、お金を稼ぐ人々が大勢現れました。
最初の頃は、そう言った人々も普通に山菜狩りをしては、出荷していたのですが、最近は状況が変わりつつあります。
山に来ると、片っ端から木を切り、タラの芽が未だ小さい内に切り取った枝ごと持ち帰ります。
その木をハウスの中で水にさしておくことで芽だけを収穫し、出荷するわけです。もちろん、昔ながらの採り方を踏襲してる人もおりますが。
悲しいかな、最近の山は芽のないタラの木だらけです。
どの木も先端を切られ悲惨な姿です。
近年いたずらにエコと言う言葉を良く聞きますが、多くの人がエコの意味を理解していないような気がします。
そもそも、エコ=省エネと勘違いされておりますが、エコ=エコロジー(ecology)つまり、生態系を意味する言葉で、
省エネやゴミの分別とは一線を画すように思います。
本当の意味でのECOLOGYとは、山を大切にすること、水辺を大切にすること、つまり食物連鎖の源流を大切にする事だと思います。
エコと言う言葉がが頻繁に聞かれる反面、エコロジーが失われつつある今の世の中、明確な目標がないままにエコを語るところに問題があるように思います。
エコと言うからには、生態系にどのように貢献するのか明確に示して欲しい物です。
山菜から話がそれましたが、私は豊かな自然が好きで、地元の長野に戻ってきただけに、生態系が失われるのは、見ていてとても辛い事です。
IMG_1505.jpg アケビの芽
IMG_1514.jpg

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP