息子が釣りを好きになって欲しいと願う父

[2009.06.09] Posted By
先週、息子を連れて釣りに行きました。
私の息子は私に似ず自然科学が全然好きじゃありません。
ただ、私としては、私の大好きな釣りを好きになって貰いたいと思い、したたかに釣りに連れて行っております。
ライフジャケットを着せ、何から何までお膳立てをしての釣りだったのですが、半日やった結果、釣果はゼロでした。
魚がぴょんぴょん跳びはねているのに釣れなかったのです。
息子もかなり嫌になり、釣りが嫌いになるのでは?と言う危機的な状況でした。
私はいつもアマゴやイワナばかりを釣っているため、たまに雑魚を釣ろうとすると、意外に難しく、何処で釣るのが効率的なのか分かりません。
1週間の反省期間の後、再び、土曜日にリベンジの釣行をしました。
今回は、川を変え、仕掛けも若干変えました。
最初の内は、やはり釣れず、息子も嫌になりかけていたのですが、夕方から状況が一変しました。
入れればば釣れるという状況が続き、あれよあれよという内に、カワムツという魚が8匹釣れました。
仕掛けは簡単で、糸に針、錘、浮きを付けただけ。魚が食いつくと、浮きが沈むので、やりとりが目に見えて分かります。
10-15cm程度の小さな魚ですが、初めてにしては上出来です。
息子もすっかり喜び、私の思惑どおり、釣りが好きになりつつあります。
釣った魚は持ち帰り、その日の内に甘露煮にして貰いました。
一晩寝かしておいてから翌日のお昼に食べたところ、味が染みこんでおり実に美味しい料理でした。
「雑魚も料理の仕方次第で随分美味しい料理になるんだなあ」、と感心してしまいました。
余談ですが、ウィキペディアに面白い記事が書いてありました。
以下、ウェイキペディアから抜粋:
**********************************************************************
各地に多くの方言呼称があるが、多くの地方でウグイやオイカワなどと一括りに「ハヤ」と呼ばれる。ハヤという俗称は動きが速いことに由来するといわれる。
なお、カワムツを初めてヨーロッパに紹介したのは長崎に赴任したドイツ人医師シーボルトで、オイカワの属名”Zacco “は日本語の「雑魚」(ザコ)に由来する。
**********************************************************************
・・・なんてアホな。シーボルトは名前の検証をしなかったのですね。
まるで、カンガルーの名前の由来と一緒です。
オーストラリアで初めてカンガルーを見た西洋人が、アボリジニ人通訳に”What it that?”と尋ねたところ、通訳は直訳して、「カンガルー?」と言ったそうです。カンガルー=アボリジニ語でWhat is that?
IMG_3181.jpg
息子が初めて釣った魚は甘露煮となり、美味しい味に皆満足でした。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP