紫砂の産地、宜興丁山の黄龍山の現状

[2009.07.21] Posted By

IMG_3342.jpg

世界的に有名な中国の急須の産地、宜興へ出張してきました。宜興における紫砂とは、様々な種類の土を総称して紫砂と呼びます。佐渡と異なり、土の状態では存在せず、腐食が進んだ岩の状態で存在していること、更に、やや離れたところから眺めると、全体に紫色に見えることから紫砂と呼ばれるようになったと推察されます。
歴史的な紫砂の採掘場というと、黄龍山(ファンロンサン)と呼ばれるエリアです。この山では大規模な紫砂の産地として長年にわたり採掘が行われておりました。しかしながら、紫砂は殆ど掘り尽くされ、紫砂は全くないというのが通説です。

 

実際に行ってみると、確かにその通りで、山は完全に消え失せ、その代わりに巨大な湖が横たわっておりました。湖の中には大小たくさんの魚が泳いでおり、その中にはフィッシュスパに使われる体の垢を食べてくれる魚もいるそうです。近所の子供が言うには、足を入れると、魚が来て綺麗にしてくれるそうです。私が上から見た限りでは、数十センチの大きな魚が泳いでいるのが見えましたが、小さな魚は見えませんでした。
黄龍山の鉱山後は、ありとあらゆる紫砂が掘り起こされた事を物語るように、白い土・岩だけが横たわっておりました。紫砂は、黄色、紫、赤と色とりどりであり、有ればその存在は直ぐに分かります。それに対し、真っ白の岩だらけとなった黄龍山あとは採掘の徹底ぶりを物語っており、同時に中国における紫砂の希少さを物語っておりました。
但し、黄龍山跡地は非常に広大です。跡地は全て湖に取って代わっておりますが、端から端まで行こうと思ったら、1km以上歩かねばなりません。更に、昔は山だったことから黄龍山と呼ばれているわけで、これほどに膨大な量の紫砂が全て急須になったと考えるのはあまりに安易だと思います。
実際、宜興で会った多くの人々(作家だけでなく、その辺を歩いていた人も含め)は各家庭にて良質の紫砂を保管していると話してくれました。

論理的に考えても、これだけの量の土が使われることは考えにくく、現実としては過去に採掘された紫砂の多くは、様々な場所にて保管されているよううに思います。但し、それら保管されている紫砂が、純度の高いままで使用されているかというと、そうばかりでもないようです。最近は土同士をブレンドして使用したり、酸化鉄を加える事が普通に行われており、昔のような性能の優れた茶器はほとんど無くなってしまったのが実情です。

IMG_3513.jpg
IMG_3515.jpg
IMG_3505.jpg

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP