碧螺春の茶園を訪ねて

[2009.10.29] Posted By

今年の夏の出張では江蘇省蘇州胴庭山半島にある碧螺春の茶園を訪ねました。
碧螺春と言えば、中国の緑茶の中では龍井茶と並び人気のあるお茶です。
初摘みの高級な物になると100g余裕で数万円したりもします。
碧螺春と言うお茶の何がそんなに凄く、何故ゆえに高級なのでしょう?
この疑問の答えを探すべく現地へと向かいました。
良いお茶をの条件は、喉の奥に抜けるような強い後味(喉越し)と定義されますが、この味を実現するためには、茶葉に十分なミネラルが含まれていることが必須であり、そのためには、以下何れかの生育条件が不可欠と推察されます。
1.高山: 昼夜の温度差が大きいため、茶葉の生育が遅くミネラルが蓄積される。また、冬の期間が長いため、茶木に蓄えられるミネラル量が多い。
2.老木: 老木の場合根が張っているため、よりミネラルの吸収能力が高い
3.特異的品種:武夷山の大紅袍や日本における在来品種に代表されるように、ある品種によっては他品種と比べ圧倒的に根が長く張られており、ミネラル吸収能力に優れる。
以上の条件に加え、茶摘みの回数が少ないことも茶木内のミネラルを無駄遣いしないために重要です。
これらのどの条件に碧螺春が適合するか、考えながら視察を行いました。
胴庭山は西山と東山に分かれており、通説では、東山のほうが高級と言われております。
私が訪れた茶園も東山でした。
実は胴庭山ではお茶に加え、桃、枇杷、山桃が作られております。
この地域にあるお茶会社は、果物会社も兼務しており、春は碧螺春を売り、その他の季節になると、果物を貿易することで、商いをしております。
私が胴庭山についたときは果物の最盛期で、上記3つの果物が全てありました。
茶園のオーナーの息子が案内をしてくださったのですが、「茶園」と行って案内された場所は、正に果樹園そのものでした。
茶園とは名ばかりで、果物の木が所狭しと植えられており、その間にまるで気を遣うかのように茶木が植わっておりました。
茶園に果物の木が植えられているのは他の地域でも目にする光景ですが、碧螺春の茶園の場合、明らかに力関係が逆転しており、どう見ても、果物園にしか見えませんでした。
因みに、中国では、碧螺春の香りは、茶園に植えられている果物の木の御陰という説が当たり前のように語り継がれております。
もちろん、これは根拠のない神話です。果物の木は、茶木に直射日光を当てない為、更に、茶園の有効利用をするために植えられているそうです。続く
IMG_3747.jpg
丘の上から茶園と言われる方を見下ろすと。そこにはお茶の木は何も見えず、ただひたすら果樹園が続いておりました。
IMG_3738.jpg
果物の木の下をのぞき込むと、申し訳なさそうに生えているお茶の木がありました。
IMG_3770.jpg
山桃が最盛期でした。茶園のオーナーが食べて良いという物だから、ついつい何十個も食べてしまい、その後私のおなかの雲行きは雷雨へと変化しました。
IMG_3793.jpg
茶園オーナーの息子

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP