動画付きプーアル餅茶のほぐし方

[2016.07.10] Posted By

IMG_3333
プーアル茶は一般的に緊圧され、餅茶という塊になって販売されているのが一般的です。実際どのように崩して飲んだら良いか説明したいと思います。

緊圧されている理由

プーアル茶が圧縮されている理由ですが、1つは体積を小さくすることで持ち運びを容易にするという目的があります。事実、散茶の状態だと、非常にかさばるため、熟成のために保存しようと思った場合、非常に場所をとります。
2つめの理由ですが、圧縮する事で内部の空気(酸素)を完全に除去し、お茶を無酸素下にて熟成させる目的があります。昔のプーアル茶は非常に硬く圧縮されており、内部の空気が完全に除去されていたことから、熟成させた際にフルーツのように甘い香りを形成しました。近年のプーアル茶はより扱いやすくするために、ソフトに圧縮されており、そのまま熟成させた場合、お茶は劣化してしまいます。HOJOでも、ソフトな圧縮でお茶を仕上げておりますが、包装時に脱酸素剤を同梱することで内部の酸素を除去しております。
第3の目的ですが、圧縮した方が熟成速度が早くなります。圧縮によって、染み出したポリフェノール(カテキン類)がお互いに混じり合うために、ポリフェノール間での酸化反応が起こりやすくフルーツの香りが生じやすい事が分かっております。(因みに、無酸素状態でも酸化は起こります。)

まとめて崩さず飲む分ずつ崩すのがポイント

上記の理由により、餅茶は必要以上に解体することはお勧めしません。飲むのに必要な量づつ解体することで、残りの茶葉は餅茶の状態に留めてください。そうすることで、酸素に触れる茶葉の面積が少なく、鮮度をより長く維持できます。もちろん、ヒートシーラーを所有し、自分で脱酸素剤をいれることが可能な人は、事前に崩し、再度、脱酸素状態で封をしておくのも有りです。

IMG_3337

出来るだけ茶葉を折らないことがポイント

餅茶を崩す上で重要なポイントは、出来るだけ茶葉をおらないようにすることです。よく、崩したお茶をバリバリと手で折っている人を見かけますが、その場合、お茶をいれた際に細切れの茶葉となり、雑味が出やすくなります。したがって、折ったり、切断するのではなく、茶葉を剥がしとるように解体することがポイントです。以下の写真の様に一本一本の茶葉が折れずに残っている状態が理想です。

IMG_3342

餅茶の崩し方

餅茶を崩す際ですが、硬いナイフや千枚通し、キリなどを使用します。実際の崩し方ですが、側面からナイフや千枚通しを差し込む方法と、真ん中にある凹みの縁を利用して放射状に剥がしとる方法があります。意外に真ん中の凹みを利用する方法は力が入れやすくて作業しやすいと感じております。詳しくは以下の動画をご覧ください。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

モンゴルで愛される黒茶、茯磚茶を発売
茯磚茶を発売しました。茯磚茶は茯茶とも言われ、モンゴルを初めとする中国北西部の遊牧民が重要なビタミンやミネラル …
佐渡の渡辺陶三氏作の秋津無名異茶器3種入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作、秋津無名異土による急須、宝瓶、冷ましが入荷しました。 同じ土にもかかわらず、焼き方によっ …

最新の記事 NEW ARTICLES

1本の老木のみから作られた単株プーアル茶
特定の老木1本のみから作られたプーアル茶を仕入れました。特定のの木のみから回収したお茶の事を中国では「単株茶」 …
自然栽培のミャンマー産プーアル熟茶の仕入
今年の雲南省出張の1つの目的は高品質プーアル熟茶の仕入をすることでした。幸い今年は、お茶の成長が非常に遅く、雲 …
フルーツと花のような香りの大雪山野生白茶
大雪山で収穫された野生の茶葉を用いて白茶の生産を行ってきました。この商品は昨年も発売したのですが、生産量が非常 …
中国の1番茶は全体に約2週間遅れ値段は高め
雲南省におけるお茶の生育状況ですが、今年は雨が少ないことから、お茶の質が良くなると期待しておりました。しかしな …
白樹プーアル茶と白樹紅茶の茶山を視察
昨年に引き続き、今年も白樹プーアル生茶と白樹紅茶を作る計画しております。白樹プーアル生茶については今年も予約販 …
急速に減りつつある雲南省の自然栽培茶
私は雲南省産のお茶については自然栽培か野生のお茶を専門的に扱っております。私が定義する自然栽培茶とは、周りの生 …
雲南省でのプーアル茶とその他新茶の仕入2017
3月21日にマレーシアのクアラルンプールを出発し、3月22日の早朝に雲南省臨滄南西部の仕入のベースとなる町に到 …
プーアル茶についてみんなが知りたいこと
プーアル茶とはどのようなお茶なのでしょう? どのような種類があり、何を持って良い品質とするでしょう? また、ど …
モンゴルで愛される黒茶、茯磚茶を発売
茯磚茶を発売しました。茯磚茶は茯茶とも言われ、モンゴルを初めとする中国北西部の遊牧民が重要なビタミンやミネラル …
佐渡の渡辺陶三氏作の秋津無名異茶器3種入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作、秋津無名異土による急須、宝瓶、冷ましが入荷しました。 同じ土にもかかわらず、焼き方によっ …

PAGETOP