プーアル茶の視察中、雲南省西双版納の南糠山で遭難未遂

[2010.05.20] Posted By

minority6-4.jpg

雲南省西双版納で南糠山へ視察

南糠山を歩いて下山

雲南省西双版納で南糠山に視察に行ったときですが、案内人が「歩いて山を下りたらいかがですか?」と提案してきました。
彼が言うには、「1時間もあれば降りられるでしょ?」とのことでした。
より体で南糠山を体験するには、歩いて降りるのも良いかと思い、提案通り歩いて降りることにしました。

雨に見舞われ少数民族の家に退避

ところが、暫く、歩いていると、いきなり雲行きが怪しくなり、すぐに雨が降り出しました。
雨足は段々厳しくなり、あっという間に大雨になってしまいました。
すると、近くで茶摘みをしていた少数民族の農民が、家で雨宿りをするようにと、誘ってくれました。
お言葉に甘えて、家に向かったのですが、彼らの歩き方の早いこと!まるで競歩大会のように山を駆け抜け、
しかも、彼らの家は私たちがいた場所から20分近く離れた場所にありました。
「こんなに遠いんだったら、もっと別の選択肢があっただろうに。。。。すぐ近くだと行っていたのに。。。」と思ったりもしました。
山岳少数民族の人々にとって、20分かけて山道を「競歩」するのはごく近所だったのです。

昔の日本のような室内

西双版納は基本的にタイ族が中心であるため、彼らの家は高床式の家でした。
一応電気は通っているのですが、彼らは共通して電気をつけません。
余りにも暗すぎて何があるのかよく分からないままに、出されたプーアル生茶を頂きました。
家の中には「囲炉裏」があり、そこで鉄瓶風のヤカンを使いお湯を沸かしておりました。
家は板で張っただけのシンプルな作りで、どこで寝ているのかと聞いたところ、布団を出しその場で寝るそうです。
そうこうしている間も雨は益々激しく降り始め、気がつけば少数民族の方の家に2時間ほどお世話になってしまいました。また、帰りには、家で作ったお茶のお土産まで頂いてしまいました。
minority-2.jpg
囲炉裏で湯を沸かし、お茶をいれてくれました。

minority-3.jpg
少数民族の若者。こんなに山奥でも携帯電話はしっかりと普及しておりました。

結局、走って下山

雨は相変わらず止みそうにありませんでしたが、このままの勢いだと、彼らの家に泊まることになりかねないので、雨の中を走って山を下りることにしました。山道は予想以上に距離があり、しかも、一本道ではありません。「一時間ほどただ降りるだけ」と言っていたのに人の庭を越え、畑を越え、いくつもの小さな山を越え、あちこちの山岳民族に道を聞き、2時間ほどかけてようやく麓にたどり着きました。
そのときは、もやは汗だく、泥だらけで、私の南糠山競歩大会は終了したのでした。

minority-4.jpg
お茶の木の間の細い道を走るように下山しました。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP