雲南省の山道を行く

[2010.06.29] Posted By

雲南省の旅で渋滞に巻き込まれつつ、景谷に着いたわけですが、ここからの旅は凄まじさが加速しました。
景谷から勐庫に向かったのですが、もはや、道らしい道はなく、全行程が林道でした。
谷の横に沿って開発された林道をひた走りに走ると、至る所で、渋滞にはまりました。
渋滞の殆どが山奥で発生し、その理由は「道が爆破されたから」というのが殆どでした。
「え?爆破?」
と最初は驚いたのですが、現在中国では国全体が建設ラッシュになっております。
古い道を新しい道路に造り直す工事が全国規模で行われております。
日本のように端からやっていけば良いのですが、まずは全ての道を剥がし、その後ようやく工事にかかります。
このため、道は至る所で寸断され、前に進むどころではありません。
工事が終わるのが夜の7時であるため、例え何時に出発したとしても、山道にさしかかると渋滞します。
道が爆破されると、そこから6-7時間の待ち時間が始まります。
更に、その先に進んだとしても、再び、渋滞が待っており、目的地に着くのは決まって朝の3-5時でした。
勐庫に至る道は、激しく渋滞しており、夜中にある農村地帯をさしかかった時点で、その先も大渋滞をしているという情報が入りました。
すると、いきなり「これ以上は進むのがいや」とバスの運転手が言い出したのでした。
「え?いやと言われても・・・」
と驚いている場合ではありません。
さっさと泊まるところを見つけないと、寝る場所がありません。
しかし、バスが止まったのは極小の農村でした。
ホテルは勿論、タクシーすらありません。
おろおろしていると、農家のおばさんが、「家で泊まることが出来る」と声をかけてくれました。
こうして、農家の納屋のような所に宿泊したけですが、村は夜になると完全な「闇」で電気一つありません。
トイレも、公衆トイレしかなく、穴が開いているだけです。
翌朝は、豚と鶏の鳴き声がうるさくて目が覚めました。
外に出ると、農家のおばさんが、鶏を鷲づかみにし、忙しげに食事の準備をしておりました。
道理で、鶏の声がうるさかったわけです。
こうして私の旅は更にエクストリームな状況へと突入していきました。
construction3.jpg
このバスで山道を旅しました。ギュウギュウに押し込まれる上に、片道12-16時間以上の旅なので、乗客は山のような荷物を積んでおり、満員電車状態で、凸凹道をひた走りました。
construction05.jpg
渋滞で止まったときに写真を撮りました。この程度の道は未だかなり良い方です。「日本ではトラクターも通らないような道」も走りました。
construction.jpg
道が爆破された直後。林道に土砂が落下し、「道が埋まりました」と言われました。
construction1.jpg
雲南省の人々は、驚異的な忍耐強さでした。誰一人文句を言う人はおらず、片道10時間以上の待ち時間も、トランプなどをやって楽しそうに過ごしておりました。多分、私が一番イライラしていたと思います。
construction06.jpg
少し進むとまた渋滞・・・
village03.jpg
ここが私が漂着した「農村」でした。この写真は翌朝撮影しました。
至って平穏そうなこの村には、勿論ホテルはありませんでした。
village01.jpg
こちらが私がお世話になった農家です。シャワーは勿論無く、表で水を浴びました。
construction2.jpg
渋滞の途中あまりに暇だったので、近所の散策をしました。周辺にあった川の写真です。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP