• ホーム >
  • お茶ビジネスの運営・記録

関西出張: ティーバックとブランドデザインの打ち合わせ

[2006.03.23] Posted By
昨日今日の2日間、打ち合わせのために関西に出張しておりました。
昨日はティーバックの会社との打ち合わせを京都で行いました。ティーバックにはテトラバックと言ってピラミッド型のバックを使います。ピラミッド型だと容積が大きいため、茶葉が動きやすく(ジャンピングしやすく)効率的に抽出することが出来ます。更に高い抽出効率のお陰で、粉状の茶葉を使用する必要が無く、大きな茶葉をそのままバックに入れることが出来るのです。
更にバックの素材にも拘っていこうと考え、コーンから作られた生分解性のプラスチックを使用します。この素材は体にも環境にも優しく、しかも、抽出時に全く臭いがありません。現在、ナイロン製のテトラバックが流通しておりますが、高温で茶を入れるとプラスチック臭がします。この臭いがすると折角のお茶が台無しです。
今回訪問した会社は元々西陣織を作っていたのですが、最近では食品包装素材に特化したビジネスを行っているそうです。小さいながらも非常に面白い技術を持っており大変有意義な話し合いをすることが出来ました。今回の打ち合わせで、発注するバックの仕様、最低発注量、バックの外装への包装方法、窒素充填等々の具体的な内容が確認できました。ついでに、包装業者も紹介していただけるとのことで、とても助かりました。
昨日は明石の先輩の家に泊めていただきました。家は時計台の直ぐ脇に有りました。起業をしようとした場合、出来るだけ出費を抑えねばならず、知り合いの家に泊めていただけることは非常に有り難いことです。
20060324155434.jpg
今日はデザイン会社との打ち合わせで神戸に行きました。ANTHEMという外資系のデザイン会社なのですが、日本法人は非常に若い女性の責任者を筆頭に、同じく若いスタッフにより運営されております。この会社の凄いところは、国際的なネットワーク・インフラを持っており、多国籍のインハウスデザイナーを持っており、デザインから版下までを日本で立ち上げても海外での印刷コーディネートを自社で一括管理して貰うことが出来ます。彼らはマレーシアペナンにもオフィスを持っており、私のマレーシアのオフィスから車で15分くらいの所に立地しております。
今回は方向性に関する説明と、様々な情報の共有化を行いました。私の場合、日本・中国茶から紅茶まで幅広く取り扱うため、①より国際的なデザインで特定の国籍を感じさせないこと②部屋に置くだけでお洒落な雰囲気を作り出せるようなファッショナブルでオーセンティックなデザイン③黒や白だけの地味な配色ではなく、明確なカラーを用いること④デザインを友人に口述できること等々に関し、お願いしました。皆熱意を持ってデザインに取り組んでくれそうな雰囲気を感じることが出来、非常に心強く思いました。デザインは先ずお客様の目に入る部分なだけに、私にとって最重要項目であり、ANTHEMのスタッフには大いに期待しております。
因みに、現在非常に焦っていることとして、未だにブランド名が決定しておりません。海外マーケットとにほんのマーケットの両方をターゲットにしている為、アルファベットを用いる必要があります。毎日悩み続けているのですが、未だにこれという名称が決まらず悪戦苦闘しております。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP