鳳凰烏龍茶が老木から作られるとこれまで紹介してきましたが、全てのお茶が老木から作られるわけではありません。
老木から作られるお茶は、全体の数パーセントにしか過ぎず、残りは、鳳凰山の麓の茶園や、鳳凰山以外の地域で作られたお茶から作られます。
老木から作られたお茶と、そうでないお茶は飲めばその違いは飲めば明確に分かります。老木から作られたお茶の場合、非常に強い喉越しが感じられ、お茶を飲んだ際、口元だけでなく喉の奥で味を感じることが出来ます。香りに関しても、鼻から抜ける軽い香りではなく、質量があり喉の深い位置で香りが感じられます。通常老木でなくとも、高山で作られたお茶は、喉越しが強くなる傾向にありますが、鳳凰山の場合、高山帯(1000-1400m)は老木で占められており、若いお茶の木は殆ど存在しません。宋の時代に、山の高い場所に優先的にお茶の木が植えられた事から、老木=高山、若い木=低地という位置関係にあります。
もう一点、鳳凰山のお茶は特徴的な方法で作られます。
前回のブログで、鳳凰山のお茶は「完全放置栽培」と説明しましたが、実は「放置栽培」なのはお茶だけではありません。
お茶の木の周りに生えている、「山の木」も放置されております。1400mと言えば、美ヶ原や霧ヶ峰高原のように高原地帯であり、各種の灌木が自生しております。
当然これらの灌木を切り落とした方が、お茶の木からすると、「快適」になるわけですが、鳳凰山ではこれら雑木を決して切り落としたりしません。
実はこれには重要な理由があります。
自然に自生している木は、お茶と同様に老木化しておりミネラルの吸収能が高く、葉には高濃度のミネラルが含まれます。
これらの葉が落葉した際、葉は微生物により分解されますが、含まれていたミネラルは、お茶の木によって吸収されます。
つまり、周辺にある自然の木は、お茶に木にミネラルを与える役割をしております。中国では、自然の木を茶園に自生させるという技術は古くから用いられており、本技術は、プーアル茶君山銀針龍井茶、碧螺春の茶園でも見られます。但し、雑草・雑木に一切手を入れずに、完全放置しているのは、私がこれまで見た中では、鳳凰山と雲南省のプーアルくらいです。
この考え方は、玉露の作り方にも通じます。玉露でも、本玉露と呼ばれる玉露の場合、プラスチック製の寒冷紗ではなく、藁で被覆が行われます。
藁には豊かなミネラルが含まれているため、雨が降ると、ミネラル分が地面に流れ落ち、それが玉露の木によって再吸収されます。
このため、本玉露の美味しさは、寒冷紗で被覆した一般的な玉露とは比較になりません。私の父(リンゴ農家)曰く、藁をりんご園の地面(木の回り)に敷き詰めると、リンゴの味が改善されるそうです。
リンゴの場合、藁以外にもリンゴの木の周辺に生えた雑草を刈り取り、木の回りに敷き詰めることで、リンゴのミネラル分を高めるという技術が用いられます。因みに、冬期に地面をトラクターで起こしてしまった場合、雑草の根が死んでしまうため、翌年に生えてくる雑草に含まれるミネラル分は少なくなります。ふと思ったのですが、山の落ち葉を集めてきてリンゴの木の回りに敷きつめたら、更に美味しい味になるかもしれません。非常に興味深いテーマです。
ph15.jpg
中心にある大きな木はお茶の木です。木の周りは、笹や灌木で覆われており、望遠レンズで撮影するのがやっとでした。
ph16.jpg
本写真は未だ植えられて10年と経っていない若いお茶の木です。お茶の木が覆われてしまうほどに雑草が生えております。但し、このような環境が素晴らしいお茶を生み出します。勿論、言うまでもなく有機栽培です。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP