熊再び

[2010.10.30] Posted By

今年は熊があちこちで出没するニュースが報道されております。
メディアや行政の発言を聞いていると、常にドングリを初めとする熊の餌不足が原因とされております。
私は宮崎学さんという私の地元で活躍する動物写真家の運営するブログを常に愛読しております。
http://tukinowaguma.net/
彼は数十年にわたり動物を自分の足で追いかけており、彼のブログからは事実を学び取ることが出来ます。
彼は、ツキノワグマは餌不足が原因で人里に出てきているのではなく、熊の数が激増している事が原因と指摘しております。
実際、捕獲される熊、彼の写真に撮影されている熊は何れも丸々と太っておりとても餌不足とは思えません。熊はその個体数が急増し、また人間の住環境に適応した狸や狐のような生態をもつ熊が増えているようです。
私の住む長野県でも、熊はあちこちで捕獲されておりますが、捕獲された熊は一部が殺され、残りはいわゆる「お仕置き」を受けた後に、リリースされます。お仕置きをすることで2度と人里に戻ってこないと信じられておりますが、恐ろしいことに、宮崎氏により人里近くで撮影された写真には耳にタグを付けた熊が多量に映っております。つまり、お仕置きは熊をすれさせるだけで、熊を人里から遠ざけるという目的は全然果しておりません。
私はかつて登山が大好きで、各種アルプスを縦走したりしました。
ただ、最近は登山に行く気がしません。例えば南アルプスの登山基地である北沢峠付近には、鹿が大量発生しており、高山植物を荒らし回っております。
実は、雑食性と言われているツキノワグマですが、鹿を食べます。鹿の増加と共に、北沢峠付近にも熊が出没するようになり、以前私が登山をした際も、前日に熊が出たので注意をするようにと言われました。しかも、登山道には熊の足跡があり、非常に嫌な思いをしました。そんなわけで。最近は登山はずっとご無沙汰しております。
実は現在日本に戻っておりますが、今年はキノコが豊作の年だそうです
私は山菜狩り、キノコ狩り、釣りは、私の中でも上位にランクインする趣味であり、収穫の秋でもある現在、キノコ狩りをスキップするわけにはいきません。
今年の春の苦い経験を繰り返さないために、私は熊スプレーを入手し、腰には鉈を装着し、爆竹、ロケット花火、鈴を携帯したうえで、真っ昼間に山へと向かいました。
勿論、山奥は熊が出るため、高速道路沿いの山で、周辺にも運動公園や工場のある里山を選びました。
車を停め、数十メートル山へ向かって歩いた時点で、爆竹を鳴らしたところ、いきなり、茂みから熊が飛び出てきました。。。その後熊は、数メートル移動したところで立ち止まり、こちらをじっと見ておりました。
その場所は、私の地域の子供達が頻繁に遠足に行く場所でもあり、まさか熊がいるとは思えないような場所です。
私は、「え?!また?」って感じでした。
ただ、今回は、熊は50m以上離れており、しかも、今回の熊は1mほどでさほど大きくなかったため、以前のようにパニックにはなりませんでした。
いずれにせよ、ゆっくりと後ずさりし、そのまま車に逃げ帰りました。
そんなわけで、最近はますます山に行きづらくなってきました。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP