国産手作り急須の販売開始

[2010.11.02] Posted By


これまでずっと日本でも国産の手作り急須を売りたいと思っておりました。
昨日ようやく販売サイトを完成することができたので、販売を開始しました。
http://www.hojotea.com/categ/teaware.htm
私の場合、急須はお茶を淹れる道具であり、水の味を美味しくする道具だと考えております。
HPで紹介している急須類は、何れも、私が作家にお願いして、特別な土で作って頂いている作品です。
日本の急須の場合、見た目が赤ければ「朱泥」と呼ばれますが、市場に流通している朱泥急須の多くがベンガラという酸化鉄の微粉末により赤い色に仕上げられております。
但し、このベンガラを用いた場合、ベンガラの融点は非常に低く、約700℃付近で融解し始めます。結果として、表面に釉薬を塗ったような結果となり、例え赤い色をしていても、お茶の味は殆ど変化しません。
反対に、天然の朱泥の場合、鉄の粒子が「結晶」の状態で存在するため、融点が非常に高く、1200℃付近で焼いても、全てが溶け落ちることなく、ミネラル粒子による多孔性を保持しております。
しかしながら、天然の朱泥でも、鉄分以外の微量ミネラルの存在が味に大きな影響を与えます。例えば、中国の宜興や日本の佐渡島では色んな種類の朱泥が産出されます。
酸化鉄の粒子を多く含んでいれば、どれも焼成後には赤く発色します。但し、土によっては、微量成分として、銅、マグネシウム、亜鉛、マンガン、クロム等を含んでおり、それらの微量ミネラルの種類により、同じ朱泥でも味が美味しくなったり逆に不味くなったりします。また、同じ作家であっても、複数の土を使い分けていることが多く、使用する土によって味が良くなったり逆に悪くなったりもします。従って、ただ赤い天然の土を選べば良いと言うことではなく、文字通り味を良くする土を選ぶことが重要です。現実は市場に流通している「赤色の急須」の多くが、味を殆ど良くしません。
次に焼き方ですが、宜興の茶壺は非常に低い温度で焼かれております。
土は高い温度で焼けばより焼きしまります。焼きしまるとはどういう事かというと、つまり、ミネラルの粒子が溶けているのです。
フライパンに砂糖を入れて、加熱すれば、砂糖はどんどん溶け、最終的には液体になります。鉄の粒子に関しても同じ事で、高い温度で焼くほどにより多くの粒子が溶けます。
溶ければ溶けるほど、表面積は減少するため、急須の性能も落ちます。つまり、簡単に言うと、焼く温度が低ければ低いほど、土は高い性能を発揮します。
但し、温度が低ければよいかというと、そうでもありません。温度が低すぎた場合、まず土の香りが残ります。次に、急須が非常に脆くなります。粒子が溶けてないと言うことは、構造がしっかりとしてないわけで、当然、壊れやすくなります。
このため、あまり性能のみを追いかけるわけにも行かず、強度と性能のバランスを取る必要があります。
私が販売している急須は、以上の点を研究した上で、素材を注意深く指定し、作って頂いている特注品の急須です。
中国茶や台湾茶、紅茶も美味しく淹れられるように急須の素材とデザインに配慮しております。
モデルは定期的に更新されますので、興味のある方は、眺めてみてください。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP