ライカレンズ

[2010.11.10] Posted By

私はカメラは普通に好きですが、それ以上に、仕事で毎日使うため、無くてはならない仕事道具の一つです。
私が普段使っている機材は、キャノンEOS50DとEF135mm F2L、EF33mm F2.0ですが、マレーシアの友人から、古いライカ(LEICA)のレンズを戴きました。ライカズミクロンR50mm F2と言うレンズです。組み立てはカナダになっておりました。
ただ、戴いた時点ではレンズはカビに冒されており、専門店にオーバーホールを依頼しました。
オーバーホールも結構な値段がかかりましたが、それでも中古のレンズを買うよりは遙かに安かったと思います。
オーバーホール後、カビの跡が僅かに残っているものの、撮影には全く支障がない状態になりました。
キャノンのカメラにライカマウントを取り付けることで、ライカレンズが取り付けられます。
但し、EOSはオートフォーカス専用として作られているため、マニュアルでのピント合わせが必要です。
試しに紅葉やリンゴの写真を撮影しました。
ライカのレンズはキャノン純正の50mm F1.8やF1.4と比べると非常に発色も美しく、対象物もかなり立体的に映ることが分かりました。流石はドイツのメーカーです。
但し、同じように写真を撮影した場合、EF135mm F2Lには及びません。このレンズは素晴らしく、何もかもが美しく映ります。特に立体感に関しては申し分がありません。唯一の欠点はタケノコのように大きく、持ち運びに苦労する点です。
しかしながら、焦点の異なる2レンズを比較しても意味が無く、これまで無かった標準領域をカバーする高性能レンズが加わったことでより撮影の幅が広がるため、大変満足しております。
leica.jpg
LEICA SUMMICRON R50mm F2
leica2.jpg
LEICA SUMMICRON R50mm F2
ブログだとこれ以上解像度が上げられないため、写真の鮮明さがやや落ちてしまいました。
写真は長野県下伊那郡松川町の片桐松川ダム周辺で撮影しました。
leica3.jpg
LEICA SUMMICRON R50mm F2
leica4.jpg
LEICA SUMMICRON R50mm F2
135 2
こちらは上と同じ部分をEF135mm F2Lで撮影 (絞り等は異なります。)
135mm.jpg
CANON EF135mm F2.0L

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP