ジャスミン茶産地中国福州周辺の食事事情

[2016.07.25] Posted By

2015-04-13 18.03.03私はジャスミン茶や白茶の仕入のために福建省の福州、福鼎周辺地域を毎年訪れております。私にとって、茶産地を訪れる際の楽しみの1つは地元の料理をいただく事です。

福州の料理

福州の場合、食事は4つに大別されます。全体に福州の郷土料理というものは少なく、

  1. 海鮮料理
  2. チェーン店
  3. 地元料理
  4. 四川系などその他諸々
2015-04-13 19.25.38

福州では一般的な巨大海鮮料理屋

2015-04-14 20.09.29

中国どこへ行っても一般的な四川風火鍋

安く・豊富な種類・新鮮な魚貝類

福州は海に面していることから、海鮮料理が盛んです。私がお付き合いのある生産者を訪問すると、非常に立派な海鮮料理レストランで御馳になる機会があります。
福州の魚貝類は鮮度が良く、マレーシアをはじめとする東南アジアと比べても非常に安く、また、レストランには多種多様な魚貝類があります。基本、他の東南アジアの国と同じく、素材の重さで料理の値段が決まります。料理法はと言うと、非常にシンプルで、茹でただけ、揚げて塩胡椒、刺身、しゃぶしゃぶ等、全体的にあまり手が込んでないように感じられます。

2016-07-13 19.54.05

2016-07-13 19.31.09

2016-07-13 19.28.48

2016-07-13 19.36.44

ナマコも!

2016-07-13 20.15.57

ナマコを頼んだからウエディングケーキのような豪華さ!

2015-04-13 18.03.27

ムツゴロウ!

2016-07-13 19.34.50

海鮮料理屋にはワニガメ?も!スッポンとはやや異なるように見えます。

2016-07-13 19.31.03

上下2つの写真は福建省の海鮮料理屋には必ずある、謎の生物その①その②です。日本だと釣りエサになると思います?

2016-07-13 19.30.56

いつの間にか「その①」が注文されており、料理されたらこのような外観でした。

いつの間にか「その①」が注文されており、料理されたらこのような外観でした。

チェーン店の大量進出

福州は非常に都市化しているため、チェーン店が非常に多く、夜の遅くまで営業している店も多く見られます。
概して、グルタミン酸ナトリウムを豊富に使用した店が多く、私が過去に食べた中で美味しいと思えるような店はありませんでした。

郷土料理としては麺類が有名

福州において地元料理と出会うことは非常に希です。ただ、福州では鴨線麺、ピーナツをソースを使った炒麺などが郷土料理にあり、近年では経済状態が悪化しているためか、夜中になると、街中の通り沿いに麺の屋台が現れるようになりました。(数年前までは全く見かけませんでした。)味はピンキリです。骨をしっかりと煮込んでスープをを取っているところなどは、コクがあり美味しいです。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …
伊賀天然朱泥と佐渡の無名異上赤急須が入荷!
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の急須と、佐渡島の渡辺陶三氏作の無名異上赤急須が入荷しました。 村田益規作の伊賀天然 …
森の中の茶園と日当たりの良い茶園はどちらが理想?
お茶の品質に影響する重要な要素の1つに「日当たり」があります。一般的に日本や台湾では日当たりの良い茶園が好まれ …
中国現地でも入手が困難な高山紫紅茶を発売
高山紫紅茶を発売しました。このお茶は紫茶という野生種系のお茶から作られた非常に珍しい紅茶です。 雲南省でも珍し …
馬鞍山古樹熟茶2016を発売
馬鞍山古樹熟茶を発売しました。このお茶は2016年産の生茶を原料に発酵された毛茶(粗茶)を2017年に仕入れ、 …
プロでも分かり難い鉄観音の値段の謎
お茶のプロでも分かり難い安渓鉄観音の値段を決める要素について、私の仕入経験に基づき説明したいと思います。 鉄観 …
ミルクティーにもお勧め!雲南古樹紅茶入荷
暫く商品が切れておりました雲南古樹紅茶が入荷しました。農薬はもちろん、肥料も一切使用せずに作られた自然栽培茶で …
水出し茶やミルクティに相性抜群!黒鉄観音発売
安渓産の黒鉄観音を発売しました。 鉄観音を特殊な方法で炭焙して作り上げたお茶 このお茶は安渓の鉄観音種から作ら …
日本の農薬基準を満たす安渓鉄観音の仕入
中国の安渓を訪問しお茶の仕入を行いました。今回は鉄観音の仕上げ方法の打ち合わせと茶園、工場の訪問が主な目的でし …

PAGETOP