プーアル茶が塊になっている理由

[2010.12.21] Posted By

无量山
プーアル茶は「緊圧」と言って、四角や円形のビザのような形に固められます。
何故固めるのでしょう?
と言う問いをすると、必ず返ってくる答えは、「持ち運びがし易いから」というものです。
プーアル茶は大昔から、重要な交易アイテムであり、茶馬古道(雲南省の四双版納からミャンマーのマンダレー方面に延びる第2のシルクロードとも呼ばれる交易ルート)で取引が行われておりました。
散茶は非常に嵩が大きく、空気を運んでいるような物なので、緊圧することで高密度でコンパクトになり確かに運びやすいのは確かです。

圧縮する事で真空にする

実は、緊圧にはもう一つの理由があります。
こちらの理由は、最初から意図されたのか、結果的にそうなったのかは分かりませんが、非常に重要な役割です。
硬く緊圧された茶葉の内部は真空状態になっております。硬く圧縮されるため、茶葉内部に含まれる空気が追い出され、無酸素状態となるのです。
この為、硬く緊圧された茶葉の場合、長期保存を行った場合、無酸素状態にて熟成が行われます。
プーアル茶は熟成時に呼吸させた方が良いという説を唱える人がおりますが、緊圧茶の内部が真空状態になっていることを考慮すると、この「呼吸」は迷信であることが分かります。

お茶の熟成に酸素は不要

硬く固まったプーアル茶を長期間保存した場合、表面は外気に触れるために酸化し劣化します。しかしながら、内部には酸素が無いため、プーアル茶の外側とは異なる変化をします。つまり、保存後のプーアル茶は外側と内側で味が異なります。

お茶は酸素が無くても熟成します。例えば、台湾の烏龍茶の場合、火が入っていない清香タイプのお茶を、空気のある環境下で数年放置した場合、茶葉からはプラスチック臭のような香りがします。このお茶を美味しく頂こうと思ったら再度軽く火を入れる必要があります。
反面、無酸素状態で数年保管された清香タイプの烏龍茶は、完熟の桃や杏のような香りになります。袋を開けた瞬間に、強烈な果実香がし、一度飲んだら一生忘れない素晴らしい香りがします。
プーアル茶も同様に無酸素状態で熟成すると、フルーティで素晴らしい香りに変化するのです。
但し、別のジレンマがあります。
硬く緊圧しようと思ったら、より多くの水分を与え、非常に強い圧力で圧迫する必要があります。
この場合、茶葉は乾きにくくなり、緊圧工程直後の乾燥に支障を来しやすくなります。
かと言って、弱い圧力で緊圧を行った場合、内部が真空状態になりません。
このジレンマを解消するため、私はプーアル茶は脱酸素剤を入れたり、真空包装をすることで無酸素状態にし、熟成するようにしております。
真空包装をされたプーアル茶を見ると、真っ向から否定する人もおりますが、プーアル茶の緊圧方法を深く理解すると、実際は真空包装が適しているように思われます。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP